2006.10.14

ジョブカフェこうちは帯屋町二丁目商店街の中にあります。

私がキャリアコンサルタントとして月に10日程度勤務する「ジョブカフェこうち」は高知市の帯屋町二丁目商店街の中にあります。オープン当初はダイエーショッパーズの中にありましたが、2年前より現在の場所に移り、営業しています。
午前10時~午後7時まで、年中無休(年末年始除く)ですので、いつでも時間の空いた間にいらしてください。
入り口からまっすぐに入りますと、アテンダントがお迎えしますので、お気軽にどうぞ。

ちなみに私は毎週金曜日は大体勤務することになっています。

なお、勤務スケジュールはこちらでご確認ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.03.25

使い捨てされる若者の現実と相談場所

「ニートって呼ぶな!」という新書が話題になっているようですが
メンタルな相談が非常に多くなっていることを最近よく感じています。

ジョブカフェのカウンターにある若者は訪れてきました。
ぶきらっぽうに「ここは求人紹介のほかどんなことをしてくれるのですか?」と。
どうも求人を紹介したり履歴書の書き方やパソコンを教えるだけでは満足されていないようです。

聞けばプログラマーで月に百時間ほど残業を強いられ体調も心身も崩したとのこと。
若者を使い捨てにしている企業の姿が浮かびあがります。その後就職するもうまく続かなく自信を喪失し長らく引きこもってしまいます。

地方ではまだまだ出口が見えない景気のように若者たちも苦しんでいるのです。
そんな場面ではまず話を親身に聴いてくれる専門のカウンセラーが必要であり、窓口においても型どうりの対応ではなく、こころの機微を感じることができて、相談者が発する、かすかな信号を察知できるスタッフの育成がなにより大事になるのではないでしょうか。

ハローワークでは就職活動にあたって心理的な相談に対応できる専門家を配置した窓口のサービスも出来るようです。

すこしでも多くの若者の救いになればうれしく思います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.12.25

街角にある心と心のふれ合うスポット

今夜はクリスマスイブ。

街には仲むつまじいカップルが行き交う中、ジョブカフェで遅番の私がひとり座っている。
そんな中ひとりの若者がふらりと立ち寄ってきた。
「就職先を探したいのですが・・・。」

聞けば通信制大学のスクーリングで当地に訪れたもよう。
いろんな職業を転々としながらも職場でのおばちゃんにイジメを受けたり、派遣で働いていた企業にさんざんこき使われて、ひどい仕打ちを受けたりと彼の経歴や苦労話を打ち明けてきた。

ここまではよくある話。

それらが原因でニートや引きこもりになる若者も少なくはない。が、彼の場合はそうではない。色々辛いことや働く苦労を味わって来たのがわかるのだが、彼の生き方にどこか逞しさを感じた。

話しが深まるにつれて、屈託のない笑顔で彼が、ぽつんとこう漏らした。
「実はココは時間つぶしに寄ってみたんですが、今日は本当に貴重な時間が過ごせてラッキーでした。」そんな時にカウンセラーのやりがいを感じる。二人が話しているうちに閉店時刻を30分ほど過ぎていた。

「明日も元気で頑張ってな。」と重たい荷物を持って雑踏の中を力強く歩いていく彼を見送る。すぐ近くでは合唱団の暖かいコーラスの歌声が聞こえている。
今日で私の勤務日も終わり。来年もまた色んな若者達と出会い悩みや様々な人生模様を聴くのだろう。

街角にある心と心のふれ合うスポット。
偶然見つけたかもしれないが、今日来た若者もそんな場所を心の中できっと探し求めてきたのに違いない。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2005.11.28

若者に有機農業を紹介しよう!土佐自然塾長セミナー開催報告


ここのところイベント関係でなかなか空いた時間がとれませんでしたが
NHK「四国羅針盤」ブログ特集やっと昨日見ました。高知県でブログを使い実際の活動を行なっているみなさんのパワーを感じました。四万十の松本さんの地道な活動にも頭が下がります。凄い方ですね。
実際の場面をみてあらためて感動しました。

http://blog.melma.com/00143032/  四万十通信

http://blog.melma.com/00142958/ 四万十川百人一首

おびさんマルシェアート展など大西さんたちの活動もますます頼もしいと思います。
地域で芸術家や若者が頑張っていると街は必ず元気になると思います。

http://56.molog.jp/

こうちコミュニティシネマ

1127_01※写真は有機農業の講演をされた山下一穂さん
 http://harehore.net/ 「晴れ掘れワールド」

そこで私も若者支援の立場からジョブカフェのセミナー報告です

本日高知新聞 朝刊25面に掲載されました。
http://www.kochinews.co.jp/0511/051128headline03.htm#shimen3

これからの私の生き方、職業紹介セミナー

「有機農業で身を立てる! 山下一穂さんの生き方と土佐自然塾」
のセミナーを昨日ジョブカフェにて実施しました

ご関心のある方にはご覧いただき、お知り合いの方にこういう生き方も
あるよということでお伝えください。

農業制度資金などの有利な制度活用もあるとのこと
http://www.pref.kochi.jp/~ninaite/1300-01.htm

自然塾や制度資金について詳しくは高知県農林水産部部環境農業課へ
http://www.pref.kochi.jp/%7Enousei/norinbu/index.htm

ジョブカフェにも同課から出されたパンフレットをおいてありますので
必要な方はお立ち寄りください。 17時以降もあいています。
11月29日まで21時迄 12月1日~は 19時まで営業中

土佐自然塾
http://www.tosa-yuki.com/

私もひとこと、大変素晴らしい講演でした。
若年者から団塊の世代まで有機農業の将来性と可能性について広める
きっかけとなったかなと思います

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.19

ジョブカフェが移転先を決めた日

 閉店間もないダイエーの地下にあるジョブカフェに今日も一人の相談者が訪れました。
「ダイエーが無くなったら、ここはどうなるんですか?」と不安そうに彼女は私に話しかけてきました。
最近までずっと「どこへ移転するのですか?」と聞かれていたのですが、彼女曰く今の世の中だと今後も自分たちをサポートしてもらえるのかが、 まず不安とのこと。

聞けば何度も何度も履歴書を出しても面接を受けてもなかなか採用されず、採否の通知を受けるたびに納得できない理由をつけられ、 その度プライドをなくされているとのこと。
県内にとどまりたくても、最近は「仕事につけるのなら、県外に行こう!」と思うようになったと話されました。

近年拡大しつつある都会と地方との経済格差、特に雇用に限っていうと「求人」での圧倒的な格差が拡がりつつあります。 いま高校生の就職事情のように高知県からどんどん出て行かざるを得ない状況にあるという現実を感じざるを得ません。

ご本人はまだ気力を持ち続けようとする意思があるので、いいのですが。
現在の気持ち、家庭環境のこと、周囲からの圧力、焦り、悩み、鬱憤など本人の思いをじっくりと傾聴しつつ、 ひとつひとつ解きほぐしていくのが私の相談時のスタンスです。

キャリアカウンセラーにもそれぞれ個性があり、自分流があるので、 私は相談者にはそのカウンセラーのアドバイスが絶対的なものではないよ!と示唆します。

落とされるたびに自分は必要とされていないのか!と思いはじめ無気力がちになる若者がいます。ニートは何も特別な存在ではありません。

若者はこういう悩みや相談を気軽に、話しやすい雰囲気で出来る場所を求めています。

ちなみに12月から移転先はダイエー高知店の向かい側のビルだそうです。1階、2階を使用するとのことです。

ジョブカフェに関心のある熱心な大学生からも県の施設のありかたなどについても自分たちの意見を採り上げてもらう機会がまず欲しいという声は確かにありますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.18

若者に農業を紹介しょう!土佐自然塾セミナーのご案内

環境問題、有機野菜や農業のありかたが話題になっているところで、関連セミナーのご紹介をさせていただきます。
私が関わっています、若者の就職支援や職業紹介などを行っている「ジョブカフェこうち」ではhttp://www.jobcafe-kochi.jp
☆○☆○☆○☆○☆○☆○☆○☆○☆○☆○☆○☆○☆○☆○☆○
有機農業で身を立てる!
「土佐自然塾」 in ジョブカフェこうち
これからの私の生き方、職業を考えよう! セミナー企画 第一弾
☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=☆=
今月27日に有機農業での就農を支援するため、また一つの生き方のヒントとして役立ててもらい、各々の自立を促すために、 有機農業の実践者山下一穂氏を招いて「土佐自然塾」セミナーを開催します。

 
現在就職活動や自分探しをされている若年者のほか、 団塊の世代の方々をはじめこれからの人生をどう過ごすかといった中高年の世代層まで幅広い方までを対象に、 彼の有機農業人生にかける熱い思いなどを語っていただきます。
山下塾長が「土佐自然塾」を設立し開講しようとする理念やねらいは何か?
なぜ、土佐の中山間地域にこだわり、消費者に支持される無農薬野菜づくりに打ち込んだ情熱はどこから生まれてきたのか?
いまの若者やそれを取り巻く社会環境やニートなど目的を失いやすい社会や就業構造が問われる中で、 彼のこれまでの人生談など大変意義深い話が聴けるものと思われます。
全国でニートや引きこもりの若者のための若者自立塾が開講されており、近く高知でもその取り組みを起こし、 そうした若年者の一歩踏み出すきっかけとなればと願い、このたびNPO黒潮蘇生会や高知県地域支援員の方々のご協力をいただき、 この研修企画の機会を得ました。


皆様にはぜひこのセミナーをおすすめいただき定員の許す限り多数の方がご参加いただければ幸いです。
自然塾に入塾するかどうかは別にして気軽にご参加していただければとも思います。
なにとぞよろしくお願いいたします。
                                                                            記
11月27日(日)10時~12時 
高知市帯屋町二丁目 ダイエーショッパーズ高知店BF 
ジョブカフェこうち セミナールーム
受講定員 先着20名
参加申込み ジョブカフェこうち 088-802-2025
高知県就職支援相談センター
E-mail: info@jobcafe-kochi.jp
TEL 088-802-2025 FAX 088-823-7005
本セミナー 担当は 竹内・烏谷 まで
※なお11月15日読売新聞高知版 に本セミナーの紹介記事が載っていますので、ご参照いただければ幸いです。
なお、「土佐自然塾」募集内容等の詳細は、「有機のがっこう『土佐自然塾』」事務局、 もしくはジョブカフェこうちまでお問い合わせください。
有機のがっこう『土佐自然塾』
住所:〒781-3401土佐郡土佐町土居630番地  
電話:0887-82-1700  FAX:0887-82-1701
mail:info@tosa-yuki.com  ホームページ:http://www.tosa-yuki.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.11.06

高知県の情報関係のワーキンググループに採択されました

高松市で行なわれていた「若年者に特化したキャリアコンサルティング講座」が修了しました。

10月中旬より毎週通って4日間、交通費入れると 約3万8千円の講座です。

で、成果はどうかというと専門学校での委託訓練生を対象にしたグループワークの演習は、実習もできたので、非常にためになりました。

その他全体的には、まあそれほどでも無いかと思えましたが、これからの自分自身の糧になるようにしたいと思います。

先月から今月上旬にかけて、四万十市へのジョブカフェサテライトのための出張、就職面接会、 高知工科大での就職ガイダンスでの講演など結構ハードでした。

機会があれば、その時の感想を書いてみたいのですが、その間嬉しい出来事がありました。

かねて「キャリアのe-ラーニング」という提案企画に高知県の情報関係のワーキンググループでの補助事業に申請をしていたのですが、 そのWGに採択を受けました。

5グループほどエントリーしていたようですが、プレゼンを経てその中で選ばれたようです。

で、どんなことをやっていくのかと云うと・・・。まあ今は内緒にしておきましょう。

このブログでもそのうちに経過報告をしてみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.26

「今の私、これからの私の生き方を考える」玄田有史さんの講演会を終えて

6月25日、高知市にある、こうち男女共同参画センター「ソーレ 」 http://www.sole-kochi.or.jp/ で「ニート」    の著者としても研究家でも有名な玄田有史(東京大学社会科学研究所助教授)さんの講演会がありました。0625_01

入場者は予定の300人あまりの多くの参加者で、歯に衣を着せない、率直な言い回しと若者と目線を合わせた口調で、    およそ大学教授らしくなく、ざっくばらんな感じがこうして人気を呼ぶのだろう と実際にお話しを聞いて感じたものである。

続きを読む "「今の私、これからの私の生き方を考える」玄田有史さんの講演会を終えて"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005.04.24

高知の若者による若者のための「高知ジコピー」をインターネット上で静止画中継!!

高知の元気な若者である、高知ジコピー「FLYING」の運営サポートスタッフの方から案内をうけましたので以下にお知らせします。

若者が燃えるセミナーの模様をインターネット上で静止画中継!!

4月24日、午後13時より高知大学共通教育棟1号館136番教室にて開催される「高知ジコピー」の模様を、 ジョブカフェこうちスタッフが前回に引き続き今回もインターネット上で静止画中継します。

↓前回(3月31日)の静止画中継の様子↓

↓静止画中継ページへのアクセスは↓
http://www.jobcafe-kochi.jp/modules/cjaycontent/index.php?id=28


*静止画中継のページは20秒ごとに自動的にページを読み込みます。ご注意下さい!!

「高知ジコピー」については以下のページをご覧下さい。

ジョブカフェこうち『学生就活イベント「高知ジコピー」開催のお知らせ』
http://www.jobcafe-kochi.jp/modules/news/article.php?storyid=91

高知ジコピー委員「FLYING」
http://blog.livedoor.jp/flying36/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.04.14

高知の若者による学生就活イベント「高知ジコピー」Vol.3が開催されます!

竹内隆志@ジョブカフェこうち 元センター長です。

高知の元気な若者である、ジコピー委員「FLYING」の学生さんから、次回ジコピーの開催日の案内を頂きましたので、 お知らせします。

昨年度ジョブカフェこうち・雇用能力開発機構高知センターとの共催事業で行った「ジコピー道場 高知編  http://www.jobcafe-kochi.jp/modules/news/article.php?storyid=80 ですが、 受講された高知の若者たちがその後この催しを自らの手で続けて開催することとし、 同じ若者たちの就職活動を共に支えていこうと立ち上がってくれました。

JIKOPR001

これは、 高知の若者が自分たちの就職活動や社会に出て必要なスキルを磨くセミナーを自分たちの手で身に付けるよう企画し自ら運営していこうとする試みです。

彼等がこれまで行ってきた活動や打ち合わせ、セミナー準備の様子はこちらのブログをご覧ください。  ☆FLYING☆ http://blog.livedoor.jp/flying36/

その意欲的な動きも、順調に滑り出しいよいよ3回目の開催となり、少しずつ根付きつつある感がありますが、 関係の皆様のご支援やアドバイスをいただきながら続けようと頑張っています。
皆様も就活で悩んでいる若者にこの催しを紹介していただき、また高知の若者たちの活動を是非とも応援してあげてください。

【高知ジコピーVol.3】開催

テーマ:自分の気持ちをうまく伝える「ソウルフルボイス」

☆就職活動中・自己成長したい学生必見☆

日時:4月24日(日) 13:00~16:00

場所:高知大学 共通教育1号館136教室(当日はスタッフが案内致します)

定員:20名(定員に達し次第締め切ります)

参加費:300円(資料・運営費)

■お問い合わせ・お申し込み方法:
次の項目を明記の上、携帯・PC からメールでお申し込み下さい。
(1.氏名 2.電話番号 3.E-mailアドレス 4.学校名 5.年齢)

お申し込み先メールアドレス:flying0306@yahoo.co.jp

◆当日は筆記用具・学生証を持参して下さい。

詳しくはこちらのブログ(ホームページ)などをご覧ください。
http://blog.livedoor.jp/flying36/      (高知ジコピー委員 FLYINGブログ) 
http://www.jobcafe-kochi.jp/ (高知県就職支援相談センター ジョブカフェこうち)
http://www.als.co.jp/service/jikop/index.htm    (株式会社アクティブラーニング)

 *会場の地図はFLYINGブログからご覧下さい*

主催:高知ジコピー委員「FLYING」
後援:高知県就職支援相談センター ジョブカフェこうち

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧