« 2006年12月 | トップページ | 2007年4月 »

2007.01.22

高知県が行う、ニート対策に関したシンポジウムの集まりぐあいが少し気になります。

「子どもたちの未来を考える」シンポジウム~ニートやひきこもり傾向にある若者社会的自立に向けて~という催しが、高知県教育委員会の主催にて1月27日 13時30分から県庁正庁ホールでおこなわれるそうですが、参加してもらいたい対象の方々にきちんと周知されているのでしょうか?
私たちが初めて計画を知ったのは偶然的に1月12日の朝でしたし、そのパンフレットを実際にもらったのは1月17日に県教育委員会に伺ったときでした。

高知県ホームページ インフォメーション1月19日掲載

ひきこもりの会に参加されているご家族の方々にもこのイベントの案内は周知されていなかったようでした。私たちが関係者に伝えましたが、大体殆どの方は日中仕事で忙しく参加できない方がやはり多かったです。
有名な大学教授や東京のNPOの方を招いてのシンポジウムですから、開催にあたっては主催者にもっと配慮をしてほしいと感じました。
20日のほっとカフェでは頂いた20部程度のチラシを参加者に配りました。
主催者にはある程度の目算があるでしょうが、はたして当日どれだけの参加者が集まるのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.01

今年も恒例の大晦日に新堀川忘年会が行われました。

061231_01 今年最後の大晦日新堀川忘年会がアカメが棲む新堀川近くの西岡燃料の倉庫で行われた。この忘年会は毎年大晦日の恒例行事となっている。

午後六時頃からいつものメンバーが一人二人と訪れて、午後9時30分頃まで楽しみました。
061231_02この日は特別に食材が豊富であり、とても満腹で食べきれないほど色々出てきました。
七輪で土佐備長炭でいろいろな食材を焼いたりあぶったり
寒さをしのぐため、暖房も七輪に囲まれてばっちりでした。

キーボードもセットされ、それぞれが思うように曲を弾いてみました。

2006年はこうして過ぎて、新しい年がこの新堀川にも来るのでしょう。
先日のキャンドルナイトや大晦日のおきゃくもまた楽しいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年4月 »