« 高校におけるキャリア教育への取り組み | トップページ | 今年最後のニートと親子のための「ほっとカフェシアター」へのお誘い »

2006.11.21

県内初、NPO法人による高校生のインターンシップ教育研修

県内初、NPO法人による高校生のインターンシップ教育研修を開始します!

平成18年11月22日(水)13時35分~15時25分 高知市大谷 高知商業高校

11月20日の高知新聞の記事でも明らかになったように、県内の有効求人倍率は下降線をたどり0.45となり、全国平均との格差が2倍以上に広まっています。
その中で若年者の若年者の高い離職率として7・5・3現象がありますが、本県の場合も全国平均の2倍という高い状況にあります。

これらの状況を鑑みれば、今こそなお増して、学生の早いうちに就業体験により職業観の育成をはかり、高校2年生などの早い段階からインターンシップの機会をとうして生徒が学校での学習内容を深めたり、将来の進路選択の参考にするため、一定期間,企業(事業所)などの職場において実際に仕事(作業)を体験することが大事だと思われます。

そのような中で、このたび高知県内でもっともインターンシップに熱心に取り組まれている高知商業高校さまの18年度インターンシップ研修事業を高知市より受託することになりました。

11月8日のオリエンテーションに続き、11月22日から来年2月にかけて同校2年生を対象に事前研修として、インターンシップを実施するうえで、身につけておかなければならない、ビジネスマナーやコミュニケーション、礼儀作法などロールプレーンなどにより、6回講座を開催し、少人数による実習形式で取り組んでいただきます。

その後各企業へのインターンシップに入り、実施後は事後研修として反省点や参加者自身の成果をまとめる事後研修をとおして最終の就業体験報告会においてその成果や反省点を学生自身に発表していただく予定です。

県内のNPO団体として、高校生のインターンシップ研修を実施するのは初めての取り組みであり、運営にあたるNPOスタッフ自身も若者の就職相談やメンタルな心の相談にあたる中で若い世代のうちから各々のキャリアビジョンを培うことの必要性を、痛切に感じながら業務に日々取り組んでいます。

|

« 高校におけるキャリア教育への取り組み | トップページ | 今年最後のニートと親子のための「ほっとカフェシアター」へのお誘い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/918/12766273

この記事へのトラックバック一覧です: 県内初、NPO法人による高校生のインターンシップ教育研修:

« 高校におけるキャリア教育への取り組み | トップページ | 今年最後のニートと親子のための「ほっとカフェシアター」へのお誘い »