« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006.10.21

第1回紛争解決手続代理業務試験の合格証書が届きました。

Gokakusyousyo昨日、全国社会保険労務士会連合会より、第1回紛争解決手続代理業務試験(特定社労士試験)の合格証書が送られてきました。

これは厚生労働大臣より平成18年6月17日に実施した標記試験に合格したことを証する書面が交付されたので、社会保険労務士法第10条の2の規定により送られてきたものです。

紛争解決手続代理業務とは、経済の低迷、雇用構造の変化などにより、このところ急増している、個別労働関係紛争に係る紛争解決手続についてその代理業務の一翼を社会保険労務士が担うことが認められました。(特定社会保険労務士)

つまり裁判外紛争解決手続における当事者の代理人としての活用を図ることとされたものです。即ち、「信頼性の高い能力担保措置」を講じた上で、次に掲げる事務が社会保険労務士の業務に加えることとされたわけです。

では、「信頼性の高い能力担保措置」とはどういうものでしょうか?

紛争解決手続代理業務を行うのに必要な学識及び実務能力に関する研修であって厚生労働省令で定めるもの(以下「研修」という。)を修了した社会保険労務士に対し行われる紛争解決手続代理業務試験(以下「試験」という。)に合格し、かつ登録にその旨が付記された社会保険労務士(特定社会保険労務士)に限り行うことができるとされています。この研修と試験こそがすなわち「信頼性の高い能力担保措置」なのです。

紛争解決手続代理業務とはどのようなものでしょうか?

① 雇用の分野における男女の均等な機会及び待遇の確保等に関する法律第14条第1項の調停の手続について、紛争の当事者を代理すること。

② 都道府県労働委員会が行う個別労働関係紛争に関するあっせんの手続について、紛争の当事者を代理すること。

③ 個別労働関係紛争(紛争の目的の価額が民事訴訟法第368条第1項に定める額(60万円)を超える場合には、弁護士が共同受任しているものに限る。)に関する民間紛争解決手続であって厚生労働大臣が指定するものが行うものについて、紛争の当事者を代理すること。

さらに、この紛争解決手続代理の事務には、紛争解決手続について相談に応ずること、当該手続の開始から終了に至るまでの間に和解の交渉を行うこと及び当該手続により成立した和解における合意を内容とする契約を締結することが含まれるものとしている。

これにより、紛争解決手続代理業務を行う場合には、社会保険労務士名簿に紛争解決手続代理業務試験に合格した旨の付記をすることが必要となります。

この付記申請をしていない社会保険労務士は上記の業務については平成19年4月1日以降行うことができません。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.10.19

開かれた県政、県民参加型の県政を実現するために情報公開請求をしてみよう!

開かれた県政、県民参加型の県政を実現するために
あなたも情報公開請求をしてみよう!

*** 動画による公文書開示請求、個人情報開示請求レポート ****

私はこれまで高知県の情報公開請求を何度か行ってみました。その中で強く感じたことは、県民にとって本当に知りたいことがなかなか開示されない現実があるということです。

そこでごく普通に県民の方がこの情報公開制度をどういうふうに利用できるのか、開示請求の手続きのしかたについてどうしたらいいのか、わかりやすく説明してみようと試み、私が請求を行った実演をもとに視聴者の皆さんが動画で体験できるようビデオに撮影し動画に記録してみました。ご活用いただければ幸いです。

ぶっつけ本番で試みたものですので、音声や画面が聞きにくい、見苦しいところがあろうかと思いますが、ごく普通の県民が予算をかけずに手持ちのカメラを使いながら実際に申請を行っている姿をリアルに映し出していますので、なにとぞご容赦ください。

撮影に当たって、こころよく対応していただき取材に協力いただいた高知県政情報課の情報公開事務の担当者様、また県民室で笑顔で応対していただき、駐車券の受取の撮影に協力いただいた女子職員のみなさま、誠にありがとうございました。あらためてお礼申し上げます。

高知県庁にはまだまだ業務に真剣に励まれ、県民に優しく接していただいている心ある職員の方もいらっしゃいます。この方たちの対応こそ、本来もっと評価されなければいけないでしょう。

私たち県民には高知県政や高知県のことを知ることのできる権利があります。
開かれた県政、県民参加型の県政を実現するためにも、主人公は県民であるあなたです。

Q1.情報公開の請求はどこに行けばいいの?



A1.来庁されるときは高知県庁本庁舎1階県民室内の情報公開コーナーでできます。
他にも郵送、ファクシミリ、インターネットなどでも公文書開示請求などは可能です。ただし、個人情報公開請求については本人確認が必要なため身分証明書(運転免許証等)を持参し来庁され申請することが必要とのことです。

http://koukai.pref.kochi.jp

私の実演では来庁の場合の請求について説明しています。

Q2.請求書の記載は難しくないですか?素人でもできますか?



A2.請求書に求める情報公開の内容をひたすら書きます。
 ただ求める情報については、請求する内容の表現をよくよく考えて請求しないと、県はなかなか必要以上の事柄は出してくれません。
請求のベテランの経験談によると、請求のしかたにあたってもやはり一定のコツとポイントがあるようです。これは回数を重ねるごとにわかってくると思われます。

Q3.請求を受け付けてもらってからどのくらいで情報を開示していただけますか?



A3.請求書の受付の日から15日以内に開示するかどうかの決定がなされます。
そのときに情報公開の請求を受けたけれども、該当の文書が存在しない場合は「「不存在決定通知書」で通知されます。
「不存在」には会議の議事録等で請求日にはまだ作成されていないものも「不存在文書」であるとして通知されます。たとえそれが職務怠慢によりすみやかに作成されていない場合においても「不存在」として処理される場合もありますので、県民は本当に「不存在たる客観的合理的理由があるのか、どうか」をよく注視し監視する必要があるでしょう。
これらの決定に不服があるときには、この決定があったことを知った日の翌日から起算して60日以内に行政不服審査法に基づき高知県知事に対し異議申し立てをすることができます。

公文書、個人情報文書を開示する場合にはその開示日、場所は、開示請求を行った本人と県政情報課が連絡のうえ調整したうえで、決定通知書で通知されることになっています。
実務上は担当係から電話連絡等をいただき、来庁の上開示を受取を希望される場合には、写しの交付費用を支払います。

A3版まで白黒コピー1枚10円。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

10月20日「ほっとカフェ・シアター」こころのシネマ館は2Fに変更しました!

Hotcafe_theater_2 以前お知らせした下記の催し物の会場が若干変更になりましたのでお知らせします
当初、メフィストフェレス3Fホールでしたが、同2Fに変更させていただきます。

「ほっとカフェ・シアター」(街角にあるこころのシネマ館)10月の内容

◆開催日時 10月20日(金)18:30から21:00まで

◆開催場所 高知市帯屋町2-5-23 メフィストフェレス 2F

◆テーマ  自殺者が毎年3万人を超える現実。皆さんはどう思いますか?

       「精神啓発劇 川の流れのように」を視聴する。

◆ゲスト  劇団 微熱ろくど・くぶ代表 森澤小百合さんとその一座

◆参考URL
カウンセリングと相談の現場から…ブログ告知記事より
http://gyousei.cocolog-nifty.com/blog/2006/10/post_7df8.html

NPO法人ハートリンクコミュニティのホームページ告知記事
http://heartlink.sakura.ne.jp/modules/news/article.php?storyid=13

この催しは、若年者のニート・引きこもりによる、関係者の共通の悩みや課題を話し合う「場づくり」と支援機関のネットワークをはかるとともに、いじめ・嫌がらせ・偏見や差別のない社会のための啓蒙普及をはかることをねらいとしています。

    ニートと親子のための「ほっとカフェ・シアター」  について
              (街角にあるこころのシネマ館)

人生はそれぞれのストーリーであり、こころのスクリーンに映し出されるドラマです。
一人一人の心のシネマを大切にとの願いから、このシリーズを「ほっとカフェ・シアター」(街角にあるこころのシネマ館)と名付けました。

毎月20日の「ほっとカフェ・シアター」では、毎回ゲストの熱いトークとその方の生き方(ストーリー)を視聴していただきます。
その中から、その人の情熱を感じてもらい、それぞれの生き方を見つめ直し考えていただく、きっかけになればと願っています。
それからのストーリーは、参加された方ご自身のものになるわけですが、その際のシネマの監督は参加された方自身であり、またキャスト自体も参加された方自身でもあります。

シアターを通じてゲストの生き方を感じ、それぞれの感想を述べ合って明日につながる意欲を持ちつづけてもらい、それぞれが何かを感じていただければ幸いです。

Theater_kizai1今回新シリーズのスタート第一幕は、劇団「ろくど・くぶ」の方々が昨年上演された啓発劇「川の流れのように」のDVDビデオを大画面のプロジェクターでミニシアター風に上映して視聴していただきます。

Theater_kizai2(ただし、設営・機材はスタッフの手作りや持ち合わせのもので質素なものですが、少人数のビデオの視聴には十分なものです。)

今朝は機材等のチェックとテストをしました。あと必要な部品等を買いに行くことが準備作業として少し残っています。

当日は、この劇のメイクアップ版風のエピソードなどのお話も代表の森澤小百合さんから話していただきます。

その後、参加者間で感想を述べ合ったり、こうした社会の差別・偏見に関するイジメなど学校教育のあり方まで幅広い意見の交流ができればいいなあと思います。

毎回恒例の個別相談(カウンセリング)もお受けしています。

皆様にはぜひ、この(街角にあるこころのシネマ館)「ほっとカフェ・シアター」を口コミ等でお知らせいただき、あるいは多数ご来場いただければ誠に幸いです。

詳しくは、NPOハート・リンク・コミュニティ のHPにて
http://heartlink.sakura.ne.jp/modules/eguide/event.php?eid=10

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.17

室戸海洋深層水を使ったアクア運動プログラムを体験してきました。

Badehous

今日は室戸健康福祉センターで福祉人材バンクとジョブカフェとのジョイント移動相談での仕事を終えた後に、前から行ってみたかった室戸深層水体験施設を訪れました。室戸市室戸岬町にある室戸海洋深層水体験交流センター「バーデハウス室戸」で、日頃の運動不足もあってアクア運動プログラムを体験してきました。

Badehous_01_1 選んだコースはもちろん、肥満解消メニューで、2時間たっぷりリラックスすることができました。なかなか運動量はあったと思います。少し身体が軽くなった気がします。

Utoco

「バーデハウス室戸」の隣には、ウトコ ディープシーテラピー センター&ホテルが ありました。 世界的メイクアップアーチスト シュウ  ウエムラ氏がプロデュースした高知県室戸のタラソテラピー(海洋療法)センター&ホテル

海洋深層水を用いた各種プログラム、フェイシャル、ボディトリートメント等が受けられるセンターにホテル、レストランを併設している。

白を基調とし、おしゃれでとても雰囲気がアーティスティックなホテルです。
余裕が出てくれば一度泊まってみたいと思います。

昼間に撮影したものと、アクア運動をたっぷり楽しんだ後の夜に撮影した、センター&ホテルなどをご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

「ほっとカフェ・シアター」(街角にあるこころのシネマ館)のご案内

Hotcafe_theater「ほっとカフェ・シアター」(街角にあるこころのシネマ館)

10月の内容

            

◆開催日時 10月20日(金)18:30から21:00まで

◆開催場所 高知市帯屋町2-5-23 メフィストフェレス 3Fホール

◆テーマ  自殺者が毎年3万人を超える現実。皆さんはどう思いますか?

      「精神啓発劇 川の流れのように」を視聴する。

◆ゲスト  劇団 微熱ろくど・くぶ代表 森澤小百合さん

私たちNPO法人ハート・リンク・コミュニティでは、誰もがやり直しのできる社会の実現を目指して、いま社会問題として重要かつ、これからの日本を支えるうえで無視できない「フリーター、ニート」問題を活動の中心に置いてきました。

この催しは、若年者のニート・引きこもりによる、関係者の共通の悩みや課題を話し合う「場づくり」と支援機関のネットワークをはかることをねらいとしています。

ニート問題で悩んでいる当事者およびその家族の方々の自立を促進し共通の悩みを解消し交流の機会を設けることを目的として、これまで毎月20日に当NPO法人が主催し「ニートと親子のためのほっとカフェ」を行ってきました。

これまで、毎回若年者およびその家族、または行政機関など支援者約20数名の方々が参加していただきました。

ニートは一時の状態であり、誰もがなりうることでもあり、たまたまそうなっているそうした方を差別しない、偏見を持たない、人々の意識の啓発を目ざしています。

いま学校教育のあり方が問われていますが、キャリア教育の必要性を感じていると共に、陰湿なイジメが平然と行われている状況は、何か大事なものを今の社会が失いかけているように思います。

この催しは平成18年度公益信託「こうちNPO地域社会づくりファンド」の助成を受けていますが、10月からは新しく趣向を変えて実施してまいります。

    ニートと親子のための「ほっとカフェ・シアター」  について
              (街角にあるこころのシネマ館)

人生はそれぞれのストーリーであり、こころのスクリーンに映し出されるドラマです。
一人一人の心のシネマを大切にとの願いから、このシリーズを「ほっとカフェ・シアター」(街角にあるこころのシネマ館)と名付けました。

毎月20日の「ほっとカフェ・シアター」では、毎回ゲストの熱いトークとその方の生き方(ストーリー)を視聴していきます。
その中から、その人の情熱を感じてもらい、それぞれの生き方を見つめ直し考えるきっかけになればと願っています。

それからのストーリーは、参加された方ご自身のものになるわけですが、その際のシネマの監督は参加された方自身であり、またキャスト自体も参加された方自身でもあります。
シアターを通じてゲストの生き方を感じ、それぞれの感想を述べ合って明日につながる意欲を持ちつづけてもらい、それぞれが何かを感じていただければ幸いです。

10月よりこの新シリーズでスタートするわけですが、今回その第一幕(オープニング)のゲストとしてお招きするのは、劇団「ろくど・くぶ」代表の森澤小百合さんです。

◆開催日時 10月20日(金)18:30から21:00まで

◆開催場所 高知市帯屋町2-5-23 メフィストフェレス 3Fホール

◆テーマ  自殺者が毎年3万人を超える現実。皆さんはどう思いますか?

      「精神啓発劇 川の流れのように」をみる。

◆ゲスト  劇団 微熱ろくど・くぶ代表 森澤小百合さん

森澤さんは高知市の元気生きがい課に勤務する職員の方ですが、そのお仕事による支援と共に劇団を率いて精神障害者の方々への偏見・差別をなくそうと啓発のための演劇活動に熱心に取り組まれています。

このたびご縁をいただいたのも人権啓発支援センターの吉本様のご紹介によるものですが、回を重ねるごとにいろんな人とのネットワークが拡がるのが嬉しく感じます。
今回のテーマのきっかけも実は、ニートの青年が自分たちの心の訴えを演劇化できないかと語っていたことが契機でした。

今回新シリーズのスタート第一幕は、劇団「ろくど・くぶ」の方々が昨年上演された啓発劇「川の流れのように」のDVDビデオを大画面のプロジェクターでミニシアター風に上映して視聴していただきます。
勿論その前に、この劇のメイクアップ版風のエピソードなどのお話も代表の森澤小百合さんから話していただきます。

その後、参加者間で感想を述べ合ったり、こうした社会の差別・偏見に関するイジメなど学校教育のあり方まで幅広い意見の交流ができればいいなあと思います。

毎回恒例の個別相談もお受けしています。

皆様には多数ぜひ、この(街角にあるこころのシネマ館)「ほっとカフェ・シアター」にご来場いただければ幸いです。

お問い合わせは こちら まで

*********************************************************
街角にあるこころのシネマ館 毎月20日は「ほっとカフェシアター」

☆★☆★ 特定非営利活動法人 ハート・リンク・コミュニティ ☆★☆★

こころ と こころ でつなぐ双方向コミュニケーション 
               http://hlc.jeez.jp

事務局:781-8125 高知市五台山4857-1
TEL 088(880)0535 FAX (880)0536

◎私たちは誰もがいつでもどこでもやり直しの出来る社会を目指して
キャリア支援の活動に取り組んでいます。◎
*********************************************************

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.15

求職者のための相談コーナーでふと思ったこと

今日は、高知県地域労使就職支援機構主催の「求職者のための相談コーナー」でアドバイザーをしていました。

この催しは定期的に県下各地を回って、求職者の方々の就職活動に関するいろいろな悩みや相談に対処するものです。この日は、イオン高知ショッピングセンターの1階フロアでアドバイザー3名とスタッフの方々、そして高知県立高等技術学校の方がこの相談会に出ていました。

私も3年前よりアドバイザーとしてこの相談業務にあたっていますが、毎回色んな相談や悩みをお聞きします。この日は就職活動に関するもの、労働トラブルに関することなど幅広く対応させていただきました。

その中で、ある青年が相談にきました。聞くところによると「最近は何回か面接を受けても何故かなかなか採用されない。どうしたらいいのだろう?」というものでした。

ここまではよく聞くことですが、少し気になったことがあります。

自分は難易度の高い一流と言われる大学も出ているし、就職に関する情報も集めマニュアル本もよく読んでいる。それによると、資本金が多くて安定性のある会社でないとダメらしいので、今まで内定をもらった会社はあったが、資本金が少ないことがわかったので、入社を辞退したとのこと。

株式のバランスがとれているのはよい会社らしいので、地元でそういう会社を探されているとのことらしい。

「きみにとって働くということってどういうことなの?」「あなたの価値観はそうかもしれないが、たんに資本金が少ないから安定性がないといって対象外にすることは、どうかな。よく考えてみたら。」

「自分の能力を発揮できそうな会社がよい会社だとの価値観もあるよ。」

「これだけ時代の変化が早いので今だけを見て、その会社がこの先も安定しているとは限らないじゃないかな。」などと話してみました。

「よい会社とは」「働きやすい職場って」「自分にとって仕事ってどういう意味があるのだろう?」

やはりそれぞれ自分を見つめなおして、就職活動する前に一度しっかり考えていただきたいな、と思います。

そして、その答えは、就職対策のマニュアル本にあるのではなくて、自分自身にあるのです。

一番大事なことは、自分の確固たる思いがなければ、面接を受けている相手方企業の採用担当者にもアピールしきれないのはないでしょうか。

多くの若者に自らの価値観をしっかりと持っていただきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.14

ジョブカフェこうちは帯屋町二丁目商店街の中にあります。

私がキャリアコンサルタントとして月に10日程度勤務する「ジョブカフェこうち」は高知市の帯屋町二丁目商店街の中にあります。オープン当初はダイエーショッパーズの中にありましたが、2年前より現在の場所に移り、営業しています。
午前10時~午後7時まで、年中無休(年末年始除く)ですので、いつでも時間の空いた間にいらしてください。
入り口からまっすぐに入りますと、アテンダントがお迎えしますので、お気軽にどうぞ。

ちなみに私は毎週金曜日は大体勤務することになっています。

なお、勤務スケジュールはこちらでご確認ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジョブカフェのある街角ウォッチング、みんなのガーデニング

秋晴れの週末、高知市の帯屋町商店街ではいろんなイベントが行われていました。
休憩時間の合間に少し覗いてみました。
和紙のハガキ製作体験や「みんなのガーデニング」という体験イベントも行われていた。
その時の様子をデジカメで動画に撮ってみた。
かがみの育成園の人たちと先生方です。はりまや橋商店街や大橋通り商店街での街おこしの仕掛け人である藤原先生が司会進行をされていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第1回紛争解決手続代理業務試験の総得点は90点でした。

本日、全国社会保険労務士会連合会紛争代理業務試験センターより、第1回紛争解決手続代理業務試験(特定社労士試験) の成績通知書が送られてきました。
併せて以下の内容の文章も入っていました。

あなたが受験した、第1回紛争解決手続代理業務試験の成績(結果)は、右記のとおりですので、お知らせいたします。
なお、合否、試験の結果及び合格基準点に関する照会には応じられませんのでご了承ください。
右記の合否区分に合格と記載されている方には、合格証書を別便にて配達記録郵便によりお送りいたします。
なお、厚生労働大臣の交代に伴う交付作業の遅延のため、合格証書の送付時期は、10月下旬を予定しております。

第1回紛争解決手続代理業務試験の合格基準点及び配点

◎合格基準点
100点満点中、60点以上、かつ、第2間は10点以上とする。

◎配点
① 第1間は、70点満点とする。
② 第2間は、30点満点とする。

この成績(結果)通知書は、再発行いたしません。

ちなみに、私の得点は
第1間は、65点
第2間は、25点 で 総得点 90点でした。
思ったより割と得点できていたなぁ、との印象でした。

大臣が替わるとこういうところにも影響があるのですね。


 

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006.10.11

特定社労士って何だ!?いわば、それは国が資格付与した労働トラブルのお助けマンってことかなぁ

今日、特定社労士と呼ばれる、紛争解決手続代理業務を行える社会保険労務士の試験発表があった。私も第1回の受験者だったので、 合格発表を迎えるまではやはり落ち着かなかったともいえる。
午前9時30分、出先でインターネットでこっそり自分の受験番号がないか、確認してみる。有り難いことに載っていた。
正直この日を迎えるまで、一体どのくらいの合格率になるのか、予測がつかなかった。
他人事ではほぼ100%だの、あるいは50%切るだろうとの見方、いろんな憶測が飛び通った。 やはり司法書士の簡裁代理業務試験第1回目の合格率に収まったといえよう。
全国社会保険労務士会の専務理事の談話より、 あっせん代理人としていち早くこの試験対策に取り組まれた社労士の方の方が予想に近かったともいえる。
合格率は75.97% とのこと。
いずれにせよ、費用も日数もかかった試験なので、一発で合格できて良かったと思う。
問題はこれからこの業務をいかに自分の専門として自らの特徴とできるかだ。
そのために、少し前から専門サイトの構築にとりかかっているので、さらに準備を進めたい。

労働トラブルお助けネット

http://roudou.sakura.ne.jp

> ●紛争解決手続代理業務試験の合格者を発表/厚労省
>
>
>    厚生労働省は11日、第1回紛争解決手続代理業務試験の合格者を発表し
>   た。この試験は2005年の社会保険労務士法の改正に基づき06年度から実施
>   されたもので、合格者は「特定社会保険労務士」として、個別労働関係紛
>   争について都道府県労働局や労働委員会が行うあっせんの手続きの代理業
>   務などを行えるようになる。受験者数は3,117人で合格者は2,368人だった。
>     http://www.mhlw.go.jp/houdou/2006/10/h1011-1.html

この試験により、平成17年の社会保険労務士法改正(内容については下記参照)に伴い新設され、下記(2)(1)に基づき、 平成18年度から実施されることになる。
つまり以下の業務が特定社労士の資格を持たない社労士は行えないことになる。


(改正の概要)
(1 )裁判外紛争解決手続の代理業務の範囲の拡大
 個別労働関係紛争解決促進法に基づき都道府県労働局が行うあっせんの手続の代理業務に加え、新たに次の代理業務を追加する。
(1)  個別労働関係紛争について都道府県労働委員会が行うあっせんの手続の代理
(2)  男女雇用機会均等法に基づき都道府県労働局が行う調停の手続の代理
(3)  個別労働関係紛争について厚生労働大臣が指定する団体が行う紛争解決手続の代理 (紛争価額が60万円を超える事件は弁護士の共同受任が必要)
※ 上記代理業務には、依頼者の紛争の相手方との和解のための交渉及び和解契約の締結の代理を含む。

(2 )裁判外紛争解決手続の代理業務に係る研修及び試験
(1)  上記代理業務に必要な学識及び実務能力に関する研修の修了者に対し試験を実施する。
(2)  当該試験の合格者のみ上記代理業務を行うことができることとする。

(3 )施行期日
(1)  上記(2)については平成18年3月1日
(2)  上記(1)については平成19年4月1日予定
 ※ 裁判外紛争解決手続の利用の促進に関する法律の施行日

| | コメント (0) | トラックバック (4)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »