« 支援される立場の方から支援する立場の方へ講演をすることの意義とは | トップページ | ジコピー道場の羽根さん、アクティブ「思考法」が専門雑誌に特集される! »

2006.09.21

9月24日(日)は「こうちNPO地域社会づくりファンド」中間活動報告会

今月24日の10時から13時30分まで標記の催しが高知県庁正庁ホールで行われます。

http://www.pref.kochi.jp/modules/news/article.php?storyid=990

これは、ご案内のとおり、「地域の課題に対するNPOの方々の想いや想いに基づく具体的な活動事例を知っていただき、今後のNPOなどの県民の方々との協働や自分自身の社会活動への参加についても考える良い機会です。多数のご参加をお待ちしています。」と、その案内文にあります。

 私どもNPO法人ハート・リンク・コミュニティでは、昨年よりニート問題についての支援や「ニートと親子のためのほっとカフェ」などの取り組みをおこなってきました。
いわゆる「ハート・リンク方式」として、ニートご本人やご家族の方もまじえて、この問題にあたって、支援する方々とも一緒になってグループ形式で支え合う懇談の場をずっと提供するなど、支援活動を続けてきました。
当日はそれらの活動成果を中間発表させていただきます。

この中間活動報告会は県民誰もが参加できるオープンでフラットな会合です。

事前の参加申し込みや傍聴席数などに限りもありません。

いつきても帰ってもかまわないと思います。ご都合のつく範囲でご参加していただければ幸いです。

高知県のことをよくしようと頑張っているグループやNPOの活動を知ることが出来ますし、県民が地域のことを考える良い機会だと思われます。
当日にはぜひ多くの方々が足を県庁に向けていただければ、主催者の方々もさぞ喜んでいただけることでしょう。

詳しいことのお問い合わせは、高知県男女共同参画・NPO課またはそのホームページ
http://www.pref.kochi.jp/~danjyo/
をご覧ください。

|

« 支援される立場の方から支援する立場の方へ講演をすることの意義とは | トップページ | ジコピー道場の羽根さん、アクティブ「思考法」が専門雑誌に特集される! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/918/11986754

この記事へのトラックバック一覧です: 9月24日(日)は「こうちNPO地域社会づくりファンド」中間活動報告会:

« 支援される立場の方から支援する立場の方へ講演をすることの意義とは | トップページ | ジコピー道場の羽根さん、アクティブ「思考法」が専門雑誌に特集される! »