« ジコピー道場の羽根さん、アクティブ「思考法」が専門雑誌に特集される! | トップページ | 特定社労士って何だ!?いわば、それは国が資格付与した労働トラブルのお助けマンってことかなぁ »

2006.09.24

地域活動を知ってもらうことの難しさと課題の現実

「こうちNPO地域社会づくりファンド」中間活動報告会が県庁正庁ホールで行われました。
http://www.pref.kochi.jp/modules/news/article.php?storyid=990

こ れは住みよい環境づくりをめざす住民のさまざまな地域社会づくり活動に対する支援を目的として設置している公益信託「こうちNPO地域社会づくりファン ド」の平成18年度助成先の中間報告を各助成先の団体に発表してもらい、互いの活動へのアドバイスやつながりに役立てようというものです。

今年助成を受けた16団体がそれぞれ持ち時間の7分と質疑応答の3分間を使って活動発表を行いました。今日はお天気も良く、彼岸入りですし、外出される県民が多いものと思われました。せっかく場所を県庁に移して無料の駐車場も利用できましたが
助成団体以外の一般の方の参加が少なく残念でした。
また行政職員も数名参加されていたように思いますが、もっと関係の県、市の担当者に来ていただければさらに広がりが出たようにも思います。
また各マスコミの方が来られていないのは、次につなげるアピールが出来ず非常に残念でした。

主催者には事前の準備などご苦労があったものと察しますが、関係方面へのPRがもっともと足りないのではないかと思われます。
発表者ももっと多くの方に自分たちの活動を知っていただきたいという思いですので、次の機会は、そうしたところが課題のように思われます。

私個人は各団体の活動を知り、また活動に関連し共通化する他の団体さんと知り合えるきっかけになったことは嬉しく思います。
いずれにせよ、NPOに関連する事業や催しのPR活動、これこそ私たちの課題であると思います。

|

« ジコピー道場の羽根さん、アクティブ「思考法」が専門雑誌に特集される! | トップページ | 特定社労士って何だ!?いわば、それは国が資格付与した労働トラブルのお助けマンってことかなぁ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/918/12019798

この記事へのトラックバック一覧です: 地域活動を知ってもらうことの難しさと課題の現実:

» 地域づくりファンド中間報告会 [けんちゃんの吠えるウォッチングーどこでもコミュニティ双方向サイト]
 高知県庁正庁ホールで、「公益信託こうちNPO地域づくりファンド中間活動報告会」 [続きを読む]

受信: 2006.09.24 16:30

» 要約筆記者養成講座,1 [瀬戸キリスト教会牧師 堀 俊明, 西風の会代表 (躁鬱病とアル...]
要約筆記者養成講座聴覚障害者とコミュニケーション自己紹介 瀬戸キリスト教会牧師、躁鬱病とアルコール依存症で精神障害2級 身体障害4級:音の聞き分けが不自由で普通の難聴者より等級が高い  物心が付いたときから右耳が聞こえない  40歳頃から補聴器を使用して...... [続きを読む]

受信: 2006.09.27 22:30

» 要約筆記者養成講座、2 (日本語の特徴) [瀬戸キリスト教会牧師 堀 俊明, 西風の会代表 (躁鬱病とアル...]
 要約筆記者養成講座で日本語の特徴という題で講演しました。私に与えられた課題は「手話の世界と要約筆記の世界の違い」を中途聴覚障害者として説明することでしたが、ある土佐らしいストーリーが頭の中に浮かびました。 土佐の海援隊の坂本龍馬と陸援隊の中岡慎太郎が...... [続きを読む]

受信: 2006.09.27 22:30

» 要約筆記者養成講座、1 [瀬戸キリスト教会牧師 堀 俊明, 西風の会代表 (躁鬱病とアル...]
 要約筆記者養成講座が9月2日に日高村保健センターでありました。NPO特定非営利活動法人やまももの主催で行われました。9月2日、10日、16日、17日、24日、10月7日、計6回に渡り行われます。 私は第1回目、聴覚障害者とコミュニケーション、第3回目、日本語の特徴...... [続きを読む]

受信: 2006.09.27 22:37

« ジコピー道場の羽根さん、アクティブ「思考法」が専門雑誌に特集される! | トップページ | 特定社労士って何だ!?いわば、それは国が資格付与した労働トラブルのお助けマンってことかなぁ »