« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006.06.29

実名を明らかにすることの意義

高知県の公共電子掲示板「ぷらっとこうち」では、匿名(ニックネーム)で意見を述べあう方が多くいますし、匿名の方から実名を名乗っている私どもは時々誹謗中傷を受けたりします。なぜ、その方達は匿名を使いたがるのでしょうか。

実名を明らかにすることの意義を、講演の意見発表から考えてみたいとも思います。

私は、昨日高知市の若者就職応援セミナーで社会人のゲスト講師として招かれ、自分の体験談を交えた講演をしてまいりました。

平成16年の第1回目から毎年続けて呼ばれて、今年で3回目になっています。
就職状況が厳しい中、若者たち受講生は真剣に取り組み、懸命に努力をされています。

私の講話のあと、質疑応答の時間を設けていただきました。
グループワークで講義の内容をもとに受講生同士意見を交換しあった後に、各受講生から何人も手があがって、私は数々の質問を受けました。
その時には受講生の皆さんははご自身の氏名をきちんと名乗り、自分の意見や質問を堂々と発表されていました。
時間の関係で全ての方の質疑に対応できなかったのですが、まず意見交換を行う前には自分の名前を明らかにすること、これは社会人の常識であり、教育研修機関もビジネスマナーとして教えられています。

「ぷらっとこうちに参加なされている皆さんは、社会人として立派に職業を得られてご活躍されている方々が殆どでしょうから、ご自身の本名ぐらいはせめてお名乗りになって意見を述べあうのは当然ではないでしょうか。

恥ずかしいとか、気後れされるから、名前を名乗りたくない、というのは一種の甘えか、それともご自身を隠したい意図があるからではないでしょうか。

昨日の受講生で真剣に私の話を聞いてくれていた若い男性が、大勢の受講生仲間に注目されながらも、けっして流ちょうではなかったけれども、時々つまりながらもご自分の意見や質問内容を立派に発表されていました。
彼はこのセミナーを契機に一歩前に踏み出そうと努力されているのが、よくわかりました。

そういう真摯な気持ちは必ず伝わってきて、議論もより密度が高くなると思います。

もちろん時には座をくずすことは必要ですが、少なくても公の場にあっては、昨日の受講生のように堂々とされ、ご自身をまず明らかにして発表しているのは、見ていても大変清々しいものだと感じました。

| | コメント (0)

2006.06.21

高知県特別職知事秘書 今城逸雄さんの「清々とした潔い生き方」に感動!

6月の「ニートと親子のためのほっとカフェ」を終えて

NPOハート・リンク・コミュニティ主催の「ニートと親子のためのほっとカフェ」の第7回目が6月20日夜に高知市大橋通りのメフィストフェレスで行われました。

この催しは、毎月20日を「ニートのためのコミュニケーションDay」と位置づけ「ニートと親子のためのほっとカフェ」を継続的に開催しているものです。

この会にはいろんなご事情や経過があってニート状態になっているご本人のほかご家族で悩まれている方々や、市役所など支援者の方が集まっていただいております。
その成果として少しずつですが、自立された方や家族者同士の交流なども生まれつつありこの場を通じ支え合う形もようやく出来つつあります。

今日社会問題として「ニート」の存在がクローズアップされていますが、まだまだその実態が正しく理解されていないのも事実ですが、その支援に関しても行政をはじめ十分なサポートがはかられているとはいえません。

私どもキャリアカウンセラー等で組織するNPO法人では、まず共通の悩みや課題を話し合う「場づくり」と支援機関のネットワークをはかることが重要であると考え、この催しを企画して、ずっと続けてまいりました。

そして今回、6月20日のゲスト講師には、高知県特別職知事秘書の今城逸雄さんをお招きししました。

今城様のプロフィールについては、以下のホームページをご覧ください。
http://www.pref.kochi.jp/%7Ehisho/imajyo/imajyo1/top.html

今城さまには、ご自身のキャリア感やご経歴を通しての生き方など参加者に元気を与えてくれるお話しをいただけたらとの講演依頼をさせていただきましたが、期待どうりの
大変心があつくなるお話をいただきました。

今城さん自身は現在、高知県の特別職知事秘書という特別な任務を担われ、使命感に燃えたお仕事をされているのですが、体験談の中では元々は自分自身に自信が無かったのが、アメリカにホームステイしたことを契機に上手にほめられ、やる気を引きだしてもらったことで嬉しかった。そのことが、その後の前向きな生き方ができるようになったきっかけとも話されていました。

その話しを聞くとともに、いま社会全体で若い人の力をうまく引き出せている仕組みが、うまく出来ていないのだなとあらためて感じたことでした。それらが、ニートや引きこもりに通ずる問題なのかなとも思われます。

今城さんは就職にしろ大学進学などでも、強い意志を持ってご自身で道を切り開いていかれています。その時にうまく支えてくれる人の存在もあるようですが、プランド・ハップンスタンス・セオリーのごとく、そのもとには、いわば今城さんの「清々とした潔い生き方」もあるのではないかと思います。
安定した商工会議所からの転職の際にも、やはり迷われたそうですが、家族の強いプッシュと支えがあったので、自分の思う道を踏み出すことができたと話される今城さんの陰には、それもまた、潔い奥様の力強い信頼と支えがあるのでしょう。
お会いしたことはないのですが、きっと山内一豊公の奥方のような存在でしょう。

講演の中で、「ありがとうは3回言う」「家族の間でも挨拶をきちんとする」との
貴重なメッセージもいただきました。
常にリアルなふれあいをもっとも大事にされる姿勢であることをお聞きしました。
講演を聞いた参加者の方々に元気な笑顔が出てきた場面も見られました。

この場でもお礼申し上げます。ありがとうございました。

西村健一さんのブログでも6月20日のゲスト講話のことが書かれています。
「心に響くメッセージ」
http://dokodemo.cocolog-nifty.com/blog/2006/06/post_9403.html

来月7月20日も「ニートと親子のためのほっとカフェ」を下記のとうり開催しますので、ご関心のある方がいらっしゃいましたらお声がけをいただければ幸いです。
なにとぞよろしくお願いいたします。

http://hlc.jeez.jp/

ご案内のパンフレットは以下からダウンロードできます。
http://heartlink.sakura.ne.jp/uploads/hotcafe04-06.pdf

◆ゲスト・スピーカーについて

1月からのトークカフェのゲスト・スピーカーですが、ニート支援に関係のある専門
家や公的機関などから毎回ゲストの方をお呼びして、そのお立場からのお話しなどを
伺って、その後参加の皆様との交流や懇談を行っています。

今までお呼びした方々は、以下のとおりです。
1月20日 臨床心理士 池 雅之さん
2月20日 高知労働局職業安定部長 石井 久さん
3月20日 高知市商工労政総務課長補佐 高見良博さん
4月20日  管理栄養士・高知ナチュラルネットワーク代表 野本江利香さん
5月20日  高知県教育カウンセラー協会代表 三浦文隆さん
6月20日  高知県特別職知事秘書 今城逸雄さん
7月20日 現在、最もほっとな講師の方に依頼交渉しています。お楽しみに。

| | コメント (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »