« 「自ら自前で実践する!アウトソーシング」説明会 見本市のお知らせ | トップページ | 3月のニートと親子のためのほっとカフェ のご案内 »

2006.02.28

アウトソーシング発注情報顛末記!?その後の経過報告

アウトソーシング発注情報顛末記!?その後の経過報告です。

先だって2月21日の県説明会資料とホームページにアップされていた「新規
委託業務の発注予定情報」のpdfファイルに不備があったことを報告させて
いただきました。

※その後2月27日には訂正されたものがアップされています。
http://www.pref.kochi.jp/~gyoukai/gyoukai/setsumeikai/shiryo-3-060227.pdf

これを見ると、私が指摘した箇所以外にも当初の資料では不適切な記述や修正
すべき箇所が幾つかあったことが確認できます。

また業務改革室の担当の方には先日来大変丁寧な対応をしていただき、修正し
た報告をわざわざメールでもお知らせいただきました。
大変謙虚な姿勢で迅速に対応され、私どもにも接していただき、こちらがかえ
って恐縮してしまいます。

先日来の発注情報の誤りをたまたま私が見つけたことをMLやホームページな
どでもご紹介させていただきましたが、このことは、他の方からも反響が大き
く担当部局には終日問い合わせなどの対応に振り回されたとのこと。
誠に申し訳なく思います。私がいらぬことをしたばかりに関係者にご迷惑がか
かりました。

でも私が申し上げたいことは、何故そのようなことが起きてしまうのか、これ
はたんに「業務改革室内だけのミスというよりもアウトソーシングに対する県
庁各部局課における連携の悪さそのものを露呈していることでなければよいが
なぁ。」と思うわけです。

問題は、県警の不正支出問題に見られるように、誰がちくったのか?という点
を詮索するのではなく、庁部局内でなぜこんな単純なミスというべきことが起
きてしまうのか?説明会で資料を見ただけの普通の県民が見つけてしまうよう
な不備や記載誤りの点を何故関係する県職員誰もが確認しなかったのか、また
関心を寄せなかったかというところにあります。

私は、今回の顛末記の本質はまさしくそこにあるような気がしています。

|

« 「自ら自前で実践する!アウトソーシング」説明会 見本市のお知らせ | トップページ | 3月のニートと親子のためのほっとカフェ のご案内 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。