« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005.12.25

街角にある心と心のふれ合うスポット

今夜はクリスマスイブ。

街には仲むつまじいカップルが行き交う中、ジョブカフェで遅番の私がひとり座っている。
そんな中ひとりの若者がふらりと立ち寄ってきた。
「就職先を探したいのですが・・・。」

聞けば通信制大学のスクーリングで当地に訪れたもよう。
いろんな職業を転々としながらも職場でのおばちゃんにイジメを受けたり、派遣で働いていた企業にさんざんこき使われて、ひどい仕打ちを受けたりと彼の経歴や苦労話を打ち明けてきた。

ここまではよくある話。

それらが原因でニートや引きこもりになる若者も少なくはない。が、彼の場合はそうではない。色々辛いことや働く苦労を味わって来たのがわかるのだが、彼の生き方にどこか逞しさを感じた。

話しが深まるにつれて、屈託のない笑顔で彼が、ぽつんとこう漏らした。
「実はココは時間つぶしに寄ってみたんですが、今日は本当に貴重な時間が過ごせてラッキーでした。」そんな時にカウンセラーのやりがいを感じる。二人が話しているうちに閉店時刻を30分ほど過ぎていた。

「明日も元気で頑張ってな。」と重たい荷物を持って雑踏の中を力強く歩いていく彼を見送る。すぐ近くでは合唱団の暖かいコーラスの歌声が聞こえている。
今日で私の勤務日も終わり。来年もまた色んな若者達と出会い悩みや様々な人生模様を聴くのだろう。

街角にある心と心のふれ合うスポット。
偶然見つけたかもしれないが、今日来た若者もそんな場所を心の中できっと探し求めてきたのに違いない。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2005.12.21

「親子で語ろう!気になるニート」トークカフェを終えて

neet_talkcafe2

12月20日開催の「親子で語ろう!気になるニート」トークカフェですが、20名ほどの参加を得まして、初回を終了しました。

会の内容はまた後日詳しくご報告いたしますが、取り急ぎあらかたの内容をお知らせします。

はじめにこの企画にあたった私たちキャリアカウンセラー5人の紹介をさせていただきました。会場受付に協力していただいたボランティア参加の女性も紹介しました。

takeuch_takashi_sninomiya_osamu_ssentou_masako_shosokawa_ayako_s

simizu_minako_s私のほうからこのニートの問題に関して日頃感じていたり、相談を受けていて「ぜひ交流の場が欲しいし、気軽に悩みを聞いてくれるところが欲しい。」とのニーズを強く感じていたので、このトークカフェを開催することに至った経緯を話しました。
また我々が別の情報関係の予算で取り組んでいる「TV電話カウンセリング」「E-ラーニング」の実験事業などのデモも行なって、こうした相談のスタイルもある事を知って頂きました。

http://career.sakura.ne.jp/modules/news/article.php?storyid=4

http://career.sakura.ne.jp/others/tirashi.pdf

その後、参加者との意見交換に移り、学校や会社でひどいイジメにあって精神的にぼろぼろに傷ついてしまって、なかなか就職活動に取り組めないといった事例や、社会が自分たち「ニート」に対して偏見、差別や誤った認識を持っていることに強い憤りを感じている青年の生の声を聞かせていただいたりと、心の中にある彼等の強いメッセージを感じました。

 同時にこの根深い問題に対して、各々がたんに好奇心や憶測で接するのではなく真剣に心で受け止めて、同じように身近な問題として自分自身もニートといわれる状態になるものとして考えていかなければならないと感じました。

初回の一日では解決策や支援の具体的なものはすぐには見えてこないのですが、参加者のかたには次回も来年1月20日に開催することに賛同していただきましたので、継続的に開催していくことにより、より正しい理解が深まり、様々な立場からの支援策が見えてくるのではないかという気がしました。

懇談の場を終えた後は、各参加者とカウンセラーがそれぞれ個別の相談に移り、ほとんどの参加者の方が私たちのカウンセリングを受けて頂きました。
みなさん熱心にされていて、気が付けばお店の営業時間を過ぎているなど、会場を提供してくださった「メフィストフェレス」の従業員のかたには大変ご迷惑をおかけしました。
誠に申し訳ありません。
次回はもっと気をつけて対応させて頂きたいと思います。
このたびは皆様方のご支援をたまわり本当にありがとうございました。

平成17年12月21日

NPO法人ハートリンクコミュニティ 理事長 竹内隆志ほかスタッフ一同

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005.12.20

「ニートについて語りあおう!」毎日新聞に掲載される。

先ほど22時前に松山から帰ってまいりました。

ehime_spot今回の出張は愛媛の人材教育会社でのネットカウンセリング環境の構築とCMSによるホームページの構築での仕事でした。愛媛でのカウンセリング・スポット(拠点)とカウンセラー配置OKです。

yukigeshiki-1一昨日は大雪によりJR電車での移動のため、日程に空き時間が無くなってジョブカフェ「愛ワーク」には視察に行けませんでした。大雪のため高速道路が閉鎖されやむなくJR電車で行きましたが、料金は3倍、時間は2倍かかりました。

ところで18日の高知新聞に続き、19日毎日新聞高知版にも「ニートについて語りあおう!」の記事が掲載されました。Webニュースでも掲載されています。ごらん下さい。
http://www.mainichi-msn.co.jp/chihou/kochi/news/20051219ddlk39040162000c.html

明日のトークカフェの運営準備ですが、早くこれる方は出来るだけ早く会場にお越し下さい
私と二宮さんは15時にはメフィストに行って準備とネットTV電話のテストをしたいと思います。SkypeとWebカウンセリング関係のソフトの設定とテストなどを行ないます。

私たちはカウンセラーの立場から「ユビキタス・カウンセリング」提唱し実践します!

トークカフェの合間に「ネットTV電話カウンセリングの実演デモ」をご披露します。
見学はご自由に出来ます。遠方の方ともご自宅などでリラックスしてご相談をじっくりできます。ニートの方々や支援する皆様方に知っていただきたいと考えています。
皆様のご支援を何とぞよろしくお願いいたします。

12月20日(火)高知市帯屋町2丁目メフィストフェレス2F
http://vip.mapion.co.jp/c/f?uc=4&grp=nttwest&ino=BA473539

トークカフェ「親子で語ろう、気になるニート」
http://heartlink.sakura.ne.jp/uploads/20051220.pdf

お申し込み・お問い合わせはこちらから
http://heartlink.sakura.ne.jp/modules/eguide/event.php?eid=1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.16

ユビキタス・カウンセリングの実証実験をします!

最近ユビキタスという言葉を聞くようになりました。
ユビキタスネットワークとは・・・
「いつでも、どこでも、だれでも」制約なしに利用できるネットワーク」のことだそうです。

メールより電話、電話より会って話し合うこと、これは一番大事なことですね。

確かにそうですが、世の中にはしたくてもそれが実現できない環境や人のメンタル的な問題、出来ない事情や環境などがあります。

例えば身体が不自由な障害者、高齢者の方々、メンタル的に悩みを抱えられている
ニートや引きこもりの若者、不登校のお子さんなど・・・。

その中で求められるケアやサポートの糸口の方法として、ITをなんとか活用できない
ものかと私たちキャリアカウンセラー有志がこのたび、高知県情報生活維新協議会の
http://www.kochi-isin.jp/
援助をいただき、ワーキンググループとしての提案企画「キャリアのE-ラーニング」の
実証実験の準備を現在進めています。
http://career.sakura.ne.jp/

今日20日の「気になるニート」トークカフェ準備とこれからのモバイルカウンセリングに活用するため、 NTTフレッツスポットの利用のためのセットアップを15日はNTT社員の方々にお手伝いして頂きました。
誠にありがとうございました。

大橋通り メフィストフェレス 2F ではフレッツスポットが相当快適に利用できます。
フレッツスポットは市内でかなり利用出来るスポット(場所)が出来ているようですね。
http://vip.mapion.co.jp/c/f?uc=21&grp=nttwest&oi=admi3code&ob=0&bool=admi2code&admi2code=39

このネット環境を活用していつでもどこでも誰もが利用できる「TV電話相談システム」と
いつでもどこでも誰でも自由に学べる「キャリアアップのためのE-ラーニング」の
実証実験を来年の1月~2月にかけて予定しています。

同事業のPRパンフレット Acrobat Reader PDF
http://heartlink.sakura.ne.jp/uploads/career-elearning.pdf

ほんの短い間にはなりますが、地域に根ざして全国に先駆け高知から発信していきます。
東京の団体でも厚労省の事業でE-mailカウンセリングを実施しそのノウハウを蓄積し始めたばかりです。 一般のカウンセリングでも殆ど利用されていません。

地方に住む私たちは、まず行動しながら、考え、反省しながらさらに改良をすすめていきます。 カウンセラー自身がシステムを作り運営し活用していきます。

いわば、地域密着型「ユビキタス・カウンセリング」の実践です。

今月20日にメフィストフェレス 2Fで開催のトークカフェ「親子で語ろう、気になるニート」
http://heartlink.sakura.ne.jp/uploads/20051220.pdf

お申し込み・お問い合わせはこちらから
http://heartlink.sakura.ne.jp/modules/eguide/event.php?eid=1

でも、合間にネットTV電話カウンセリングの実演デモをご披露します。
ニートの方々などににまずご利用して頂きたいと考えています。

★ネットTV電話カウンセリングの実演デモのごあんない★

 12月24日に予定されている、はりまや橋商店街イベント広場での
 クリスマス・イブ わくわくどきどきイベントにも「街角カウンセリング」で
 ネットTV電話相談コーナーで参加する予定
 ※新装ジョブカフェこうちのPRイベントとして
 http://www.jobcafe-kochi.jp/

 現在企画を上程中、承認されなくても
 ワーキンググループの実証実験のPRイベントとして参加予定。

 1月15日、22日に開催予定のジョブカフェこうちのセミナーでは

  なんと、たからちゃんこと川窪財さんが Total Produceする
  就活中女子大生とのコラボレーション企画(近日その内容は予告します!)
  の中でも、実演デモを行ないたいと考えています。

  この日には大阪と東京のカウンセラーと高知でセミナー参加の学生たちが
  ネットTV電話を使ってカウンセリングを行なうよう準備しています。

これらの実証実験はクライエントのプライバシーにふれない範囲内で
ご自由に見学出来ますので、どうぞお越し下さい。

皆様にはこういった相談のご利用につきまして周知いただきましたら何より幸いです。
よろしくお願いいたします。
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
高知県情報生活維新協議会  http://www.kochi-isin.jp/
平成17年度下期選定WG「キャリアのE-ラーニング」実験サイト

-------------- 『キャリアサポートセンター』 ----------
http://career.sakura.ne.jp/   (開設準備中)

◎--私たちは誰もがいつでもどこでもやり直しの出来る社会を
     目指してキャリア支援の活動に取り組んでいます。 --◎

お問い合わせ先:088-882-6015

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.14

今日も気になるニート、トークカフェPR巡業の旅でした

今朝は昨日連絡頂いた読売新聞高知支局の記者の方から取材の申込みあり、事前告知で載るようになりました。
同新聞をチェック出来る方はお願いします。知らせてください。高知県版です

昼前には昨日連絡頂いた高知新聞社会部の記者(県教育委員会派遣生)の方に「気になるニート、トークカフェ」 の内容について説明しました。こちらにも事前告知で記事を書いて頂けます。いつ載るかは事件とか紙面の空きの関係によります、とのこと。
その後、高知県のある方を訪ねて行くも留守でした。また時間を見つけて云ってみます。

明後日15日には、高知県副知事の卓話が某RCでありますが、その時にもニート・ トークカフェとキャリアサポートセンターのチラシを両面に刷って配布する予定です。
今日は午後より雇用労働政策課、男女共同参画・NPO課、業務改革推進室、政策推進課、 商工労働部経営流通課などの知り合いを訪ねてニートカフェとTV電話相談によるキャリアサポートセンターのアピールなどを行なってきました。
なかでもNPO活動と関係の多いある課の課長様にはご配慮いただき県下福祉事務所に回して頂けるようになりました。  ほんとうに嬉しいことでした。
行く先々で先方の方が進んで手助けしていただけることは大変有り難いことですね。
今日も感謝感謝の1日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.11

今日一日の出来事、すべてが順調でした

今日は午前中は二宮さんらが関与する高知心理療法研究所のカウンセリング講座にいき、文化庁長官・ 京都大学河合隼雄先生のご講演を聴きました。
 
夏頃にもおいでいただきましてその時に買った河合隼雄先生の著書にサインをいただき感激です。
さらに私の名前を書いてくださるときに「隆志の隆の生の上には一がいるのでは?」とおっしゃって頂いたのには驚きました。 あのお年で記憶力抜群ですね。

さて、テーマは箱庭療法でしたが、高野所長さんの事例をもとにクライエントの創った箱庭の数々を時系列的に解説頂き、 その心の奥にあるものや変化の推移などが正直に顕れる姿などその効果がまざまざとわかりました。

その後でWGのメンバーと専用電話のボイスワープ応対や20日の「気になるニート・トークカフェ」の打ち合わせを軽くしました。

その後昼食を取って高知県男女共同参画センター「ソーレ」に行き、日曜日でしたが、ちょうど館長の古谷さんにお会いできましたので、 先日会合でご一緒したときにあらかじめ話していたので、、スムーズにすすみチラシ配布を承諾していただき、 館内掲示板へもさっそく館長自らが貼って頂きました。

「行動がなかなかお早いですねー」と館長にも感心して頂きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.12.08

カンタンに100円で利用できる「ネット相談システム」

今日からこんなネット相談システムを始めてみることにしました。

名付けて「1分100円でネットTV電話相談室」

「社長!いつでもどこからでもネットで専門家と対面相談ができるらしいですよ!」(社員)
「えっ!本当か、それは便利だ!でもそんなことが出来る法律専門家っているの?」(社長)

はい!Web社労士たけうちなら1分百円で出来ます

ひとと企業のコーディネーター
私、Web社労士・行政書士 竹内隆志(たけうち経営労務事務所代表)・総務省電子政府推進員・情報処理技術者(システムアドミニストレータ)がお忙しい社長さま、担当者さまのためにご用意しました。

カンタンに1分100円でご利用ができる「ネット相談システム」
ITに強い法律専門家ゆえのスキルを活かしスピーディーに安全確実に経営相談をサポートいたします。

アフター・フォローもしっかりと いつでもどこからでも対応いたします。

日中忙しくてじっくり相談できないという 社長さん、担当者さん
労働ドットコム「ネットでTV電話相談室」をご利用ください!
お申し込みは今すぐ こちらのフォームから

という 労働ドットコムからのお知らせでした。

Ps. たまには営業しないとね・・・。(^^;

| | トラックバック (0)

2005.12.02

雇用促進対策調査検討会での私の発言

先般、高知県工業会の依頼で電源地域における雇用促進対策調査検討会の委員にと頼まれて、 その第1回目の会合に出た時の発言記録が事務局から送られてきた。

その会議で私の問題提起や発言内容を見ていただくことにしたいと思います。

いかがでしょうか?ご意見いただければ幸いです。

○ジョブカフェこうち(竹内隆志)
① ニートについて。大学、高校、企業などに所属している間は、所属先がいろいろな支援をしてくれるが、 そこから離れてしまうと誰も救うところがないのが問題の1つではないか。ジョブカフェこうちは駆け込み寺ではないが、 キャリアカウンセラーと相談して一緒に問題をクリアして、ご本人に気づいていただく援助活動をしている。

ニートには根深い問題がある。いろいろな要因が絡まっている。子離れ、親離れができない。
企業がその人にとってミスマッチの時もある。最終的には人間関係が大きな要因だ。ニートの親が県内にかなりいる。 この間題は誰にも相談できない。過日高知新聞に「相談して良かった。私だけではなかった」 というジョブカフェこうちに来た親の感想が載っていた。誰でもなりやすいというのがこの間題の原因。

今回の雇用促進対策は、これから雇用の受け皿、産業基盤をもっと確立するということを検討する会だと思う。 厚労省では若者に対していろいろ支援策を設けている。身近な機会を通じてやっていきたい。 就職は会社に入ることだけではないということであるし、その人にとっての業というべきもの、農業で身を立てるか、技で身をたてるか、 私たちキャリアカウンセラーの役割は何らかの形で身を立てるお手伝いさせていただきたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »