« ビジネスマナーを忘れてしまった主催者!?高知市若者就職応援セミナー修了式の出来事から | トップページ | 労働局のキャリアカウンセリング研修をとうして感じていること »

2005.10.01

「キャリアカウンセリングと私の仕事」の卓話をさせていただきました

ここのところ割と講演ラッシュです。

昨日は高知南ロータリークラブの卓話で「キャリアカウンセリングと私の仕事」というテーマでミニ講演をさせていただきました。

ロータリークラブの方々とあって、それぞれ社会的な地位を築かれ職業人として第一線に立たれている方々ばかりで、 私のようなまだ未熟者が語れるわけもないのですが、実はこれ、新入会員の自己紹介をかねたスピーチなのでした。

キャリアカウンセリングのことや相談の現場を通して感じていること、 自分のライフワークとしての信条などを紹介させていただいたわけですが、最後に「人生負けてたまるか!」 というこのブログのタイトルの事を講演の結びとして披露させていただきました。

話しの冒頭にはキャリアというのはその人自身の生き方、ライフキャリアというべきもの。 そのキャリアを考え行動する人の支えとなり援助するのが私たちキャリアカウンセラーの役割です。」と語り始めたのですが・・・。

最後に、自分自身の人生に悔いを残さぬよう、自分に負けるな!挫折、 困難は幾多あるけれども自分の人生に負けないよう頑張っていきたいという想いを語って結んだわけですが。

当日は結構納得できた話しが出来たのかなと自分自身でもいい感触でした。

その後の懇親会で講演の感想などをクラブの諸先輩から頂いたわけですが、「ロータリーの趣旨とも合致する話しであった。」 とおっしゃっていただいたのが嬉しかったです。

今日はさらに高知工科大学の就職部の方から、 10月29日に1年生を対象にした就職ガイダンスでの私の講演の打ち合わせを行なわせていただきました。

こちらも300人ぐらいの学生を前に講堂か、どこか200人規模の人数が収容できるところで話す事になるのですが、 貴重な体験をさせていただくことに感謝する次第です。

どんな話しをしようかなというのが、私の楽しみの一つになっています。

 

|

« ビジネスマナーを忘れてしまった主催者!?高知市若者就職応援セミナー修了式の出来事から | トップページ | 労働局のキャリアカウンセリング研修をとうして感じていること »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/918/6192850

この記事へのトラックバック一覧です: 「キャリアカウンセリングと私の仕事」の卓話をさせていただきました:

« ビジネスマナーを忘れてしまった主催者!?高知市若者就職応援セミナー修了式の出来事から | トップページ | 労働局のキャリアカウンセリング研修をとうして感じていること »