« バックアップはとっても大切!備えあれば安心 | トップページ | 「キャリアカウンセリングと私の仕事」の卓話をさせていただきました »

2005.09.20

ビジネスマナーを忘れてしまった主催者!?高知市若者就職応援セミナー修了式の出来事から

今日は高知市が今年も6月17日から約3ヶ月間の研修を実施した若者就職応援セミナー
の修了式に出席させていただきました。
http://www.city.kochi.kochi.jp/deeps/15/1502/wakamono200506/index.html

というのも、この講座の中で合同基礎研修で「私の職歴と職業観」と題した講演を昨年から、 高知市商工観光部商工労政総務課の依頼で受講生の皆さんに昼の部と夜の部とにダブルヘッダーで毎年講義をさせていただいたご縁で、 市の担当者から「修了式」に招かれていたからです。
かといっても講師謝金などは一切出ずに無料奉仕で毎回話しをさせていただいているわけですが、 若い人たちの前で少しでも私の話しがお役に立てるのが嬉しい想いもあるからです。
それに県と市との違いはあるものの、私もジョブカフェでキャリアカウンセラーをさせていただき、若者の就職支援という使命では、 共通した役目を担っているという意味合いもあって謝金があるとか無いとかは別にして、日程も調整して毎回講師も引き受けさせていました。

私の職歴と職業観などについて
http://sr.roudou.com/modules/tinyd0/index.php?id=6

 受講生にとっては、一つの区切りである修了式に、たとえ短い時間ではありましたが講演をさせていただき、 講義の後で彼ら一人 々 から頂いた感想文を見ると、 就職活動に対しての真摯な気持ちに思わず駆けつけられずにはいなかったという想いもありました。
去年はやむなく仕事の都合があって気にしつつも修了式に出れなかったのですが、今年は何とか都合がつきそうだったので、 当日昼飯の時間もそこそこに済ませ仕事の合間を見て急いで会場である「かるぽーと」に息を切らせながら駆けつけました。

 受講生の皆さんがひとりずつ岡崎市長から手渡しで修了証書をもらう姿を見ながら、一人一人の若者に、 「これからもあきらめずに頑張れ!」というエールを送りながら言葉は発せずとも心の中で願っていました。

でも、ただ一つ残念なことがありました。当日は労働局や来賓の方やマスコミの方々の席は用意されていましたが、 私のような立場の者には、あいにく座る席も用意されていませんでした。
到着後、席は無いのがすぐにわかりましたが、 すぐその場で応急的に来賓席を別に用意していただく行為は主催者の誰もが行なっていただけませんでした。

 受講生の皆さんの記念すべき式典に、スケジュールの合間に顔を見せて共に励ましあいたいと思っていた私にとっては、 非常に失礼な対応ではないのかな?と思わずにはいられませんでした。
この日は修了式ということもあり、いつも以上にスーツも着用して出向きもしました。
それというのも、先週のこと直接お電話でご案内をいただいたこともあって、 受講生の何人かは日ごろからジョブカフェに相談に来られていたこともあって、彼らの修了式は違った意味で独特の想いもありました。

修了式を予定の13時過ぎまで4,50分程度立ったままで見届けたうえで、その会場を去りました。

このセミナーは県外の民間業者に委託されていましたが、受講生にビジネスマナーを教えるべき主催者が社会人として、 非常に礼儀を欠けているのは残念でした。
ひとは志に共鳴してこそ人の心が動き大きな連帯を生むものです。
その場には、たんなる金儲けとか、セミナーを収益の機会だけにとらえず、 ミッションを持って若者の支援に想いを寄せる純粋なこころがあってこそ、こうした事業は行なえるものと私は確信します。

受講生はこのあと面接会でアピールして参加企業の方に懸命に面談をおこなっていたことを、晩のニュースでも拝見しましたが、 私に配慮を欠いたように、彼らの接し方にこそ、 どこか人間にとって配慮を欠いた気遣いを是非とも忘れていって欲しくないことを願わずにはいられません。


 

|

« バックアップはとっても大切!備えあれば安心 | トップページ | 「キャリアカウンセリングと私の仕事」の卓話をさせていただきました »

コメント

竹内さん返信ありがとうございます。

>23日のイベントは出張のため参加できません。申し訳ありませんが、よろしくお伝えください。

はい、かしこまりました!
また機会がありましたら、よろしくお願いします。

ジョブカフェ移転にあたり、やはり若い人の意見も聞く場を設けていただけたらと思います。施設のつくりにしても、雰囲気にしても若い人に来てもらってこその施設だと思いますので。僕も愛workで見聞きした経験でお手伝いできることがありましたら、いつでも高知までうかがってお手伝いさせていただきます。
この時期の移転であれば、これまで全国のジョブカフェが培ったノウハウを活かさなければもったいないと思います。僕はいい機会を大事にしたいです。

ジコピーも頑張っておられるようでうれしいです。
こちらも関われることがありましたら、いつでもお手伝いさせてください。

では、失礼します。

投稿: 高橋洸貴 | 2005.09.23 02:16

高橋さん、こんにちは。
23日のイベントは出張のため参加できません。申し訳ありませんが、よろしくお伝えください。
ジョブカフェこうちは、ダイエー撤退のため移転せざるを得ない状況であると思います。まだ詳しい事は知らされていませんが、移転場所も含めて検討されていると思います。いずれにせよ12月からも継続してジョブカフェ業務そのものは行なわれますので、ご安心ください。
ジコピーでの学生たちの取り組みも地道に行なわれています。何かご支援をいただける機会があれば、またお声をかけさせていただきます。
愛媛のほうでもいっそうのご活躍を祈っています。

投稿: 竹内隆志 | 2005.09.21 21:23

タイトルを拝見して、驚いて飛んできました。
なんてひどい!
主催者にあるまじき行動です。
竹内さんが「意気に通ず」でなさっていらっしゃることに
甘えすぎてしまっているとしか思えません。

私も経験がありますが、行政や教育関係主催のものって、
無料やボランティア価格で行きますよね。
でも、それであたりまえと甘えすぎているのではないかと
以前、指摘したことがあります。

彼らも悪気はないのですが、気がつかない。
しかし一般社会では「気がつかない」ではすまされないのだということを、
主催者側が学ぶ必要があるでしょうね。

多分、竹内さんが高い講演料を取っていらっしゃたら、
こういうことは起こらなかった気がします。
せっかくの「意気に感じた」思いが逆に仇になってしまった。
二度とこういうことがないようにしなければ、
誰も協力してくれなくなってしまうと思います。

投稿: 筒井 | 2005.09.20 22:56

ご無沙汰しております。
高知大の高橋です。

終了式の扱い残念ですね。
主催者側の配慮が足りなかったみたいですね。

ジョブカフェこうちはいかがですか?
11月末以降、どうなるのかまったく情報が入ってこないので気になっています。施設は移転するんでしょうか?
何かご存知でしたら教えていただけると幸いです。

僕も来年は愛workで培った経験を高知に持ち帰って活かしたいと思っています。
『ジョブカフェとは何であるか?』ということを考えさせられる毎日です。
きっと高知の皆さんに伝えられることがあると思うので、何か機会がありましたら声をかけてください。

では、失礼します。

投稿: 高橋 | 2005.09.20 21:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/918/6034624

この記事へのトラックバック一覧です: ビジネスマナーを忘れてしまった主催者!?高知市若者就職応援セミナー修了式の出来事から:

» ゲストは竹内隆志さんです [けんちゃんの吠えるウォッチングーどこでもコミュニティ双方向サイト]
 今週の高知シティFM(76・2MHz)「けんちゃんのどこでもコミュニティ」(月 [続きを読む]

受信: 2005.09.21 08:55

« バックアップはとっても大切!備えあれば安心 | トップページ | 「キャリアカウンセリングと私の仕事」の卓話をさせていただきました »