« 安定しているから・・・公務員!? | トップページ | 電子政府推進員に委嘱されました。 »

2005.07.15

メンタル的な支援を求める若者が多い

  一般求職者へのカウンセリングで感じることは、職場のストレスでメンタル的な支援を求められている若者が多いということだ。相談に来られている若者は一度は社会に入り仕事をさせてもらうが、職場の環境になじめなかったか。また不当な労働条件のもとで精神的なストレスを感じてしまい職場を去るケースも多いようだ。

学校現場では、労働法の学習や仕事をするときの心構えや精神的なストレスに打ち克つ為の自己管理法などの教育実践の機会も必要ではないかと思う。

昨今違法な残業代不払いが多い状況などでは、こうしたことに無知だと純粋な若者ほど傷つきやすい反面、辛抱する、耐え忍ぶという訓練を行うことや精神面の強化をはかることも重要である。

企業内外でもこうした相談やケアに対応できる場所やシステムも今後いっそう必要となると思われる。

|

« 安定しているから・・・公務員!? | トップページ | 電子政府推進員に委嘱されました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/918/4980418

この記事へのトラックバック一覧です: メンタル的な支援を求める若者が多い:

« 安定しているから・・・公務員!? | トップページ | 電子政府推進員に委嘱されました。 »