« 残されたものの想い | トップページ | 労働者かボランティアかどうかの線引きは難しい »

2005.06.26

「今の私、これからの私の生き方を考える」玄田有史さんの講演会を終えて

6月25日、高知市にある、こうち男女共同参画センター「ソーレ 」 http://www.sole-kochi.or.jp/ で「ニート」    の著者としても研究家でも有名な玄田有史(東京大学社会科学研究所助教授)さんの講演会がありました。0625_01

入場者は予定の300人あまりの多くの参加者で、歯に衣を着せない、率直な言い回しと若者と目線を合わせた口調で、    およそ大学教授らしくなく、ざっくばらんな感じがこうして人気を呼ぶのだろう と実際にお話しを聞いて感じたものである。

当日は、 http://jobcafe-kochi.jp ジョブカフェこうちもこのイベントに    「出張ジョブカフェ」として参加し会場内で、就職相談や職業適性検査などを行い参加させていただき、    予想以上の相談者数や適性検査の受検者に対応させていただきました。

0625_02玄田さんが講演の中で、「ジョブカフェ」を利用したらとか、ジョブカフェで相談させてもらうといいよ。 という調子で再三紹介していただいたのが、嬉しかったのと同時に皆さんにジョブカフェの存在を相当期待されているのだなぁと思うと、 いっそう引き締まる思いがしたものでした。

会場には若い方の参加も比較的多かったのですが、この講演を聞いて、 勇気づけられ自らの生き方を探るうえでのきっかけとしていただければと思います。
またジョブカフェにも気軽にきていただければ幸いですし、さらにこのイベントに参加してよかったなと思います。

|

« 残されたものの想い | トップページ | 労働者かボランティアかどうかの線引きは難しい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/918/4708480

この記事へのトラックバック一覧です: 「今の私、これからの私の生き方を考える」玄田有史さんの講演会を終えて:

» 「雇用条件の悪化による若年層の弱者化」 [0 1/2 ]
「雇用条件の悪化による若年層の弱者化」 高等遊民的にやっていける「 [続きを読む]

受信: 2005.09.04 19:40

« 残されたものの想い | トップページ | 労働者かボランティアかどうかの線引きは難しい »