« 熟年・団塊の世代のための超入門ブログ(blog)体感セミナーを開催します! | トップページ | 解雇理由証明書についてのウンチク »

2005.05.05

行政書士会で会社設立の研修会講師をつとめました

先日、行政書士会の依頼により、法定業務研修の講師をつとめ合資会社、 合名会社とNPO法人の設立手続きなどの講義をさせていただいた

合名会社については実際のところ経験はない。ニーズについても滅多にないのではないか。合資会社については少し経験はあるが、 これも一時ほどは言われなくなったと思う。

当日の講義では上記の中では一番設立の実績があるNPO法人の設立については力を入れて、知りうる限りのノウハウを披露した。 地元の先輩諸氏である行政書士の方々を相手の講義でしたが、結構熱心に聴いていただいたようだ。 やはり失敗と経験の積み重ねは確実に自分の肥やしになる。

会社設立では、小規模な会社では有限会社、それ以上の規模のところでは株式会社の形態をとるのが標準的だ。

ただ商法改正で新たに合同会社や株式会社などの 最低資本金規制がなくなることが予想されるので、今後の改正内容には留意されて起業化を目指される方はその 起業のタイミングや、 設立する会社に適した資本金の額や機関のあり方などをよく検討されるといい。

そのうえで設立する会社の種類と設立時期とを決めるよう準備されていくのを専門家としても奨めたい。

また会社法の改正や公証役場の電子公証サービスの利用など電子化への対応も我々の業務を変えていくようになることをあらためて感じている。

 

|

« 熟年・団塊の世代のための超入門ブログ(blog)体感セミナーを開催します! | トップページ | 解雇理由証明書についてのウンチク »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/918/3991410

この記事へのトラックバック一覧です: 行政書士会で会社設立の研修会講師をつとめました:

« 熟年・団塊の世代のための超入門ブログ(blog)体感セミナーを開催します! | トップページ | 解雇理由証明書についてのウンチク »