« 急がば回れ! | トップページ | 多くの若者が集うジョブカフェOSAKA »

2004.09.06

まちづくりの実践活動と実名の意義について

次のブログを拝見して、私自身もまた大切なことの検証と再認識が出来ました。


地域活性化・商店街活性化に向けた地域経営・都市経営 というブログ

はりまや橋商店街サロン の活動を非常に高く評価されています。

> 実は、本日大変興味深いブログを発見しました。高知のはりまや橋の商店街の方が書かれているプログ。ぜひ見てみてください。
>
> ■新堀川知行合一塾
> http://tigyougouitu.cocolog-nifty.com/aaakakugen/

 その発信者の方々も本当のまちづくりを実践されている事が、その活動内容からもうかがわれます。
このように、本物かどうかがわかる人には、その真価がわかるということです。

しかもこれらの方々はそれぞれ実名で記事を書き、意見の交流をおこなっています。

だからこそ真摯な議論や実効のある活動成果が出てきているのでしょう。

はりまや橋商店街サロンの活動は、昨今関係方面で高く評価され、大きなムーブメントを起こし続けています。

高知県の公共掲示板 ぷらっとこうちで「ニックネームの不可がどうか?」というアンケートがとられていますが、それが公共掲示板の目標とすべきものか、目指すべき姿なのでしょうか?甚だ疑問である。

本来、このぷらっとこうちの目指すべき姿として、西岡さんの「■新堀川知行合一塾 」のような実践活動と交流、そして県内外に波及効果を生み出す発信源そのものにならなければ、公設掲示板である以上、その存在価値はないものと思われます。

|

« 急がば回れ! | トップページ | 多くの若者が集うジョブカフェOSAKA »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/918/1368398

この記事へのトラックバック一覧です: まちづくりの実践活動と実名の意義について:

» まちづくりとブログ [中小企業診断士/ITコーディネータ 春日一秀のブログ]
最近、ご無沙汰していた高知の竹内社労士のココログから、こんなブログを見つけました [続きを読む]

受信: 2004.09.07 10:40

« 急がば回れ! | トップページ | 多くの若者が集うジョブカフェOSAKA »