« 2004年8月 | トップページ | 2004年10月 »

2004.09.13

多くの若者が集うジョブカフェOSAKA

先日大阪に行き、ジョブカフェOSAKAを見学させていただきました。
「エル・おおさか」という施設の二階にあり、広々としたコの字型のフロアにありました。

jobcafeosaka3.jpg
食堂と喫茶が一緒のフロアにあり、ジョブカフェ内でも飲み物は無料です。
スタッフはたくさんいらっしゃって、それぞれ忙しそうに応対されていました。
jobcafeosaka.jpg

この日は「面接シミュレーション~面接の神様~」というプチ・イベントがありましたが、なかなかユニークな方法で行われています。
このジョブカフェは、(株)リクルートが運営を委託されて、ハローワークや雇用能力開発機構の方々と連携のもと運営されているとのことです。
スタッフの今村さんと運営責任者の岸守さんに色々とお話をうかがいましたが、利用者に入りやすい雰囲気、フレンドリーな対応を常に心がけられているとのことで、フロアには利用者とスタッフとが収まった写真や寄せられた感謝のコメントやなどが掲示されていました。

jobcafeosaka2.jpg
カウンセリングも共通のフロアのブースで、オープンに行われていました。
ハローワークもなんと土曜日でも午後7時まで開いているのが驚きでした。
これも大阪府やジョブカフェの要請に応えてくれたとのことです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004.09.06

まちづくりの実践活動と実名の意義について

次のブログを拝見して、私自身もまた大切なことの検証と再認識が出来ました。


地域活性化・商店街活性化に向けた地域経営・都市経営 というブログ

はりまや橋商店街サロン の活動を非常に高く評価されています。

> 実は、本日大変興味深いブログを発見しました。高知のはりまや橋の商店街の方が書かれているプログ。ぜひ見てみてください。
>
> ■新堀川知行合一塾
> http://tigyougouitu.cocolog-nifty.com/aaakakugen/

 その発信者の方々も本当のまちづくりを実践されている事が、その活動内容からもうかがわれます。
このように、本物かどうかがわかる人には、その真価がわかるということです。

しかもこれらの方々はそれぞれ実名で記事を書き、意見の交流をおこなっています。

だからこそ真摯な議論や実効のある活動成果が出てきているのでしょう。

はりまや橋商店街サロンの活動は、昨今関係方面で高く評価され、大きなムーブメントを起こし続けています。

高知県の公共掲示板 ぷらっとこうちで「ニックネームの不可がどうか?」というアンケートがとられていますが、それが公共掲示板の目標とすべきものか、目指すべき姿なのでしょうか?甚だ疑問である。

本来、このぷらっとこうちの目指すべき姿として、西岡さんの「■新堀川知行合一塾 」のような実践活動と交流、そして県内外に波及効果を生み出す発信源そのものにならなければ、公設掲示板である以上、その存在価値はないものと思われます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2004年8月 | トップページ | 2004年10月 »