« 2004年6月 | トップページ | 2004年9月 »

2004.08.31

急がば回れ!

 社労士会からIT研修会を開催するためのアンケートを求めたいとの文書が届いた。
これによると、電子化に積極的に対応しなければならない状況であるため、会員のIT能力を高める事が重要であり「IT研修」を企画・実施するのだという。
ここまでは至極当然のことなので全く異論もないのだが、その後に気になる文章が続く。

研修コースを3つ用意して、「費用は安価に」「日程は圧縮して」を心がけたのこと。
で、そのコースとは、エクセル初級18時間、エクセル中級18時間、ホームページ作成基礎18時間とそれぞれ設定されている。

その中のホームページの講座といえばHTML言語をマスターして、テキストエディタを利用して事業所紹介用のホームページを作成できるとのこと。
全く基本知識が無くパソコンに慣れないままHTML言語でホームページを作成して事業所を紹介できる程度のものを作り上げるとなると、正直かなり難しいのでは?と思われる。
私自身の経験でもテキストエディタで作成して営業用のものを発信するには、もっと多くの時間が必要であった。
自力で更新できるだけの知識や技術を習得するための講座を開催するため、私が情報化NPOでそのカリキュラムを組み実施した時にはテキストエディタではなく便利なホームページ作成ソフトを使っても60時間は最低限必要なコースであった。パソコンにある程度慣れた担当者でも、そのコースでも、その技術や知識を消化しきるにはなかなか辛かったと聞く。

従来のシステムで18時間で作れるものといえば、およそ営業用とはいえないメモ書き程度ぐらいのものと考えたほうがよい。
低コストで時間を少なくセーブできる、そんな都合のいい得手勝手なものはありえないはず。

急がば回れ! という諺がある。

IT能力を高めきっちりとした事業所紹介できるだけのものをHTML言語で作成するとなると、やはり本来要するだけの日程は圧縮しては出来ないはずだ。
それをしっかり作るとなると相当な費用は出して当たり前。やはりそれだけの対価はもっと払わないと良いものは仕上がらないと思うのだが。

というのが今までの常識でもあった。

ところが、例外がひとつだけある。

それは何かといえば、士業の先生方に今年の新年早々からお勧め申し上げている「ウェブログ」だ。これを活用すれば、それこそ費用は安価に、日程は圧縮して、いつでもどこでも誰にでもホームページが発信出来てしまう。
これまでなかなか信じてもらえなかったのだが、最近書店でもこの解説書が数多く登場してきた。
個人のホームページや日々情報発信型のウェブサイトはもはやその流れになっている。

社労士会が今回の講習を依頼しているのが、職業能力の公共機関であるため信頼されていると思うのだが、近道を目指しているようで、実は非常に遠い回り道をされているようで非常に勿体無いなと感じたことでした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004.08.29

まちづくりファンド最終発表会を終えて

台風接近のため先月から延期されていた催し物として高知市まちづくりファンドの助成金を受けた団体のこの1年間の取り組みについての発表会がありました。この1年間を振り返り、助成金を受けたグループの代表が「ありがとうございました。」という感謝の気持ちで活動の成果を披露したのが印象付けられました。

matifando.jpg

私の参加するNPO法人ハート・リンク・コミュニティもこの助成金を受けたのを契機に継続的に地道に市民のまちづくり活動の情報発信をするお手伝い、応援活動を続けてまいりました。この日の発表のなかで、ようやく、このブログなどがNPOや市民グループのまちづくり活動の情報発信ツールとして役立つものだという認識が得られてきたように思います。

matifando2.jpg

是非多くの方がこれら素晴らしいツールというべきシステムをかつようされ、それぞれの活動を広げていってもらうことを願ってやみません。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004.08.05

四万十高校の皆さんが8月4日ジョブカフェを来館されました。

 高知県大正町にある県立四万十高校の進路指導担当の先生の引率により就職希望の3年生20人がジョブカフェこうちを訪れ、当センターの運営状況やジョブカフェが設置された趣旨目的などを竹内センター長から説明を受けました。
次に能力開発支援担当の田中アドバイザーより、職業診断システムや職業適性検査のことについて説明を受け、代表がそれぞれ4台のパソコンを使って実際に体験してもらいました。
これは、同日高知県経営者協会の主催にて開催された「高校生のための企業合同説明会」参加の前に会場近くにあるジョブカフェこうちを訪問いただいたものですが、参加いただいた高校生にとっての職業情報の収集や適性診断、職業疑似体験などをとうして、職業意識を高めていただきました。
pic_0027.jpg

ジョブカフェでは、今後もこうした高校の視察受け入れを積極的に受け入れ、また依頼があれば各高校にも出張する「移動相談」などを実施していきたいと思います。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年6月 | トップページ | 2004年9月 »