« カバーキャットのご紹介 | トップページ | げんきカフェにてブログをたしなむ »

2004.03.09

電子申請の研修会を終えて

本日の社労士の連合会認証局加入促進電子化研修会、どうにかこうにか無事終了することができました。午前と午後の部でいささか疲れましたというのが正直なところです。でもこの機会を与えて頂き、私にとっても目指すべきスタンスが少し見えてきた気がします。有り難いことだと思っています。

これらもひとえにご多忙のところ急遽駆けつけて頂き「今こそ社労士が何故電子申請に取り組まなければいけないか!」を熱っぽく訴えていただいた香川県会長の大谷様や講習の教材のご手配にご尽力頂きました鳥取県の浜田様、宮永様などはじめ関係の皆様のご支援のおかげです。
denshika_01.jpg

パワーポイントを使ったわかりやすい資料も実は昨日届いたばかりで、十分内容をわかり消化した状態ではなく、本日の研修に臨んだわけですが、参加者の皆様には現在のままのシステムでの事務手続の流れや委託先等の関係による社労士業務のイメージがよりわかりやすく映ったのではないでしょうか。
その中での現状の問題点や厚生労働省への要望するにあたっての社労士会の主張、根拠のポイントは電子化委員長の大谷様の解説により、自分たちの取り組むべき課題がより明らかになったのではないかと思います。
otani_01.png

高知県会も研修会終了後、理事会を開き加入促進の具体的詰めを協議しました。いよいよ追い込みに入ります。
会の冒頭にて、電子申請時代を迎え、社労士としていまどうあるべきか、会全体としてどう取り組んでいくべきかを傘下の会員に力強く説得されていた高知会の橋本会長のご挨拶のとおり、ここにきて我々が一枚岩にならなければ、我々士業も吹き飛んでしまう、大きな変革のうねりの中にまさに突入しようとしています。
hashimoto.jpg

今日の研修にあたっては各県の同士の方より力強く、そして暖かい応援をいただいたわけで、「インターネットでネットワークするというのは、本当はこういうことの効果も実はあるのだよね。」とあらためて思ったことでした。

|

« カバーキャットのご紹介 | トップページ | げんきカフェにてブログをたしなむ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/918/281410

この記事へのトラックバック一覧です: 電子申請の研修会を終えて:

« カバーキャットのご紹介 | トップページ | げんきカフェにてブログをたしなむ »