« 2004年1月 | トップページ | 2004年3月 »

2004.02.29

細井さん、お元気で!今訪れている転機はみらいへの扉なのです。

haruna.jpg

けんちゃんの吠えるウォッチングーどこでもコミュニティ双方向サイト: 最後の放送直後の細井春菜さん

高知シティFMの人気パーソナリティだった「細井春菜」さんが同局を退社され、ご事情によりいよいよ今月末で高知を離れることになった。
細井さんには、2001年当時少しだけ番組を持たせて頂いた折り聞き役をしていただいたり、自分たちのNPOにも参加して頂いたりと大変御世話になりました。
独特のかわいいボイスと誰にでも優しい性格でリスナーにも超人気を有していました。彼女がいなくなると寂しく感じているファンもたくさんいらっしゃることと思います。

細井さん、あなたに訪れている「転機」を以下のようにお考えいただければと思います。
自らに好ましい偶然的な出来事が起こるよう日頃から能動的に積極的に行動される方には好ましい偶然が起こるしそうでない方には起こらないようです。
偶発的に見えても、結果的には計画的に起きたように必然化できる。
自律的にキャリアを切り開いていくには、偶然を味方につけキャリアの形成にとって好ましい偶発的な出来事を自らが仕掛けていくことが必要なんだと。  【クランボルツの計画的偶発性理論より】

これは、クランボルツという人のキャリアカウンセリング理論なのですが、今までのご自身のキャリアを振り返ってみて、偶然の出来事によって影響を受け、左右されてきた部分がかなりあるならば、その偶然の出来事はかならずしも自分の人生にとって悪いことではなく、むしろそれをきっかけにチャンスをつかむことも出来る、などとむしろ良いこともあるんだと前向きに考えることもできるでしょう。

私も細井さんをはじめ色んな人との一期一会の出会いを大切に、常に前向きな意識を持ち続けて新しいことにもチャレンジして自らの進む道に可能性を求めて歩いていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.02.27

日本のリゾートのルーツは浅草か

asakusa02.jpg

リゾート法が事実上凍結されたらしい。ブームに日本列島が踊らされていた頃を思えば、バブル景気に通ずる土台があやふやなままのまがい物が横行していたと思う。それらの施設や開発は殆ど廃止された。
思えば、日本のリゾートの原型は「浅草」のような形が一番合っているのではないかと先日出張のおり時間つぶしに立ち寄ってそう思った。
神社、寺参り、美味しい食べ物、買い物、寄席、ギャンブル、ちんどんや、色気
全てが揃っている。
飽きがこないから、数百年も同じスタイルでにぎわっている。リピートも結構ある。
雑多なようで、実はまとまっているのが「浅草」なのだ。だから街の息吹に力強さを感じて、古き良き日本のスタイルが残っている処ではないかと思う。

asakusa02.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

産業カウンセラーの松木さんも始めました

20040227132119.jpg

NPO法人キャリアコンサルタント協会の仲間の産業カウンセラーの松木さんです。
彼女も今日のお昼からココログはじめました。
20分ぐらいの時間しかなくてページを完全に作り上げるところまで出来ませんでしたが
近いうちにブログを完成するようになるとおもいます。
猫好き同盟としては、愛猫の写真を満載してくれることを楽しみにしましょう。
ホームページアドレスを知らせてくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.02.20

今日は永田町にある日経BP社を訪問させていただきました。

IMG_2004.jpg

今日は偶然にも永田町の研修会の近くにあった日経BP社を訪れ、先日土佐の高知のはりまや橋商店街(旧中種商店街)サロンを取材に来られた日経アドバンテージ社の同社の長谷川記者と昼食を近くのうなぎ屋でご一緒していただき、高知のその後の状況等について歓談しました。長谷川記者どうもご馳走様でした。

けんちゃんの吠えるウォッチングーどこでもコミュニティ双方向サイト: 日経アドバンテージ誌記者が取材に

http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/150539

同氏との話しの中で、取材を受けた中小企業の経営者の何人かがビジネスに展開しようとしている動きのことやメーカーから同メンバーの高知の中小企業のITビジネス実践例に学んでいこうとしていることをもとに今までの時代では考えられなかった動きや反応、また高知の卸団地の食品流通会社が全国でも先進的な取り組みとしてのブログを企業の実践事例として情報発信を行っていること、などを報告させていただきました。
IMG_2006.jpg
また私たちの県民自らの草の根情報化ローテクローコストの事例や地域情報化に関しての高知県の取り組みを紹介させていただきました。
高知県が実施しようとしている各市町村への地域支援員の派遣活動も含めてご紹介させていただきましたが、その活動を私たちが考える情報化支援についての提案企画や実践活動とのリンクのアイデア、方法は非常に興味を持っていただいたようです。増して1998年豪雨災害時にこれもローテクを駆使し防災情報を発信したこと、ひととひととのネットワークをもとに、災害情報に飢えていた非常時に送ったメールに対しての橋本大二郎県知事のレスポンスの早さなどをお話ししましたが、ブログをすすめようとしている私たちのその時以来の背景にある基本的な考え方に話しが弾みました。
少なからず土佐の高知のはりまや橋商店街(旧中種商店街)サロンでの県民のパワーにも感心されていました。これもひとえに商店街事務局と継続的に活動をされている地域リーダーのたゆまない努力があったからです。
このサロンを契機に永田町とはりまや橋商店街も奇しくも不思議な縁でつながっていることを感じざるを得ません。
IMG_2007.jpg

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004.02.19

今日から行政書士研修で東京にいます

040219seminer.jpg
今日から、永田町の海運ビルというところで日本行政書士の研修会に出席しています。今日は建設業の経営審査関係の変更点や産業廃棄物関係のことについて、それぞれ国土交通省等の行政の方より研修を受けました。明日は電子申請業務の研修があります。これは今回の主目的でした。
 ところでこの会場、偶然にも先日はりまや橋商店街に取材に来られた日経アドバンテージという雑誌の発行元、日経BP社の近くでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004.02.15

「こころとこころをつなぐセミナー」でみなさんが世界に発信されました

2月14日(土)バレンタインデーの日に私の所属するNPO法人ハートリンクコミュニティは高知市障害者福祉センター主催のブログ実践講座 blog 自己表現力の向上講座「ホームページをつくろう!」に運営協力させていただきました。
0214seminer2.jpg

当日は、8名の障害者のかたとゲスト参加で高知大の田中きよむ教授(社会経済学科福祉経済論)も参加され和気あいあいと全員がホームページを立ち上げることができました。参加者の多くがメールアドレスをお持ちでないため、ブログの申し込み確認のためにインターネットで無料のアドレスを取得する作業で手間取りましたが、当日の時間内にそれぞれが以下のページのように世界に発信できたことは大変素晴らしいことだと思います。
0214seminer.jpg


こんにちは、ありがとう!
初めてのホームページ作成
インターネット講集会
洋子
着物
裕子の日記
まさとし
花見
きよぴーワールド


日 時  平成16年2月14日(土)13時30分~16時30分
場 所  高知市障害者福祉センター 3F

講 師  NPO法人ハートリンクコミュニティのメンバー
      宮本、竹内、西村、日吉 4名でした。

教 材  ブログは無料で使えるライブドア http://blog.livedoor.com を使用
 有料ソフトウェアは無し
素 材  各自がWindows標準のメモ帳等で文章を入力後,アップしました。
      画像はデジカメでその場で撮影しアップしました。

参 考  この講座の開催を企画され準備をすすめていただいた高知市障害者福祉
 センターソーシャルワーカー竹村利道さんが案内パンフレットを作成され以下のコピーフレーズを考えてくれました。とても良い表現だと思います。

案内パンレットのコピー

 blog 自己表現力の向上講座
 ホームページをつくろう!
 今話題のWeblog(通称blogブログ)で誰でも簡単にあっという間に作れます。
   

 2月14日(土)13時30分~16時30分 高知市障害者福祉センター
 参加費 無料
 対象 キーボードで文字入力のできる方を参加対象とします。

 内容 その場でホームページを作って、その場でインターネット上に公開するまでを行います。

感 想  参加の皆さんは身体の一部が不自由な方なので、メールアドレス申し込
 みのときの相当数の所定項目欄などを打ち込むのに大変な状況でしたが
 みなさんの頑張りで、障害がありながらも当日やり遂げられた達成感に
 喜びを感じられているご様子がうかがわれ、講師陣の我々も疲れは感じ
   ましたが大変うれしく思いました。
 当日受講された方もさぞお疲れになった事と思います。
   講座を終えたときの皆さんの生き生きとした輝きは印象的でした。
 今回の講座のテーマである自己を表現し向上させるツールとして、学ん
 で頂いた「ブログ」をさらに活用していろんなひととの交流をすすめて
 それぞれの生活を高めていただきたいと思います。

 NPO法人ハートリンクコミュニティ 参加メンバー一同

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2004.02.14

今日はバレンタインデー

20040214091705.jpg
中高年のオヤジにはバレンタインデーも何の日も関係ありませんが、獲得品は今のところこれだけです。
年々さびしいものです。とりとめもない独り言です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

電子申請の研修会の講師を頼まれました

20040209110834.jpg
先日用事で社労士会に行ったところ、この社労士会の重鎮、谷本さんがいらっしゃいまして、3月9日に県会で社労士を対象に電子申請の研修をやるから、おまえが講師をしろ。」と強引に頼まれました。「いや私は電子申請はまだやっとことがないんです。」と断りかけていましたが、どうしても年度内に一応格好をつけないといけないということで「、おまえなら何とかできるだろう。」ということで、人身御供。人前で赤恥を大いにかくことが予想はされましたが、断れずやむなく引き受けることになりました。とはいっても、まだ本格稼動もしておらず、だいいち私自体、連合会より認証ももらっていない有様。かなり不安はありますが、これは人より先に勉強の機会を与えてくれたことだと思い、取り組むにいたった次第です。
まあ場当たりでなんとかなるだろうと構えていますが、日が近づくと焦るだろうな。
谷本先生は、その風貌に似合わず、なかなか押しの強い方でなんですわ。これが。
でもそれが顧客を増やす秘訣でしょうね。きっと。
.

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004.02.12

ローカルFM放送局の番組出演者、1周年記念交流会の案内状がとどきました。

 「高知シティFM放送」というローカルFM放送局で友人が企画運営している番組から、1周年を記念した交流会と七輪スローフード体験懇親会の案内が届いた。
「けんちゃんのどこでもコミュニティ」という番組だが、毎回前向きで、明るく、元気で多彩なゲストがそれぞれの分野でウンチクを語ると言うものだ。さらに、この番組での凄いところは毎回ゲストの喋った内容を、彼がホームページに記録し発信しているところが半端じゃない。一度彼の作業を見学したことがあるが、仕事の合間にテープおこしをしながら、ホームページに加工してアップしている。
番組のプロジューサー兼ディレクター、司会者、コメンテーター役から何から何まで一人で何役もこなしている。
実に大変だと思う。続けられていることには頭がさがる。信念がなければとても出来ない作業だ。これまでのホームページ作成システムもまさにそう。
ところが、このブログは従来のものとは様相が変わってきた。誰もが書きたい内容に専念できうる環境になってきた。コンテンツの内容そのものが大事で差別化にもなる。これから、番組を企画されている彼のように発想とかアイデアの勝負になるのではないかと思っている。となれば、ますます人によっては可能性拡がるし、本当の草の根情報化がはじまる時代にもなってきたともいえる。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004.02.08

ホームページの更新作業が悩みの行政書士会の皆さんです

私がお世話になっている高知県行政書士会のお二人です。
いま会のホームページの製作を任されて苦労されているとか。更新作業に頭を悩ませているようです。高知県行政書士会のホームページ
さっそくこのブログを紹介し、更新作業が楽で簡単な点を力説し勧めました。
興味は持ってくれたようですが。やはり実際に体感して使ってもらうが一番だと思います。
はりまや橋に遠い場所にあるので、金曜日のサロンにはなかなかこれないとのこと。残念ですが、また機会はあるでしょう。v(^^)v
20040130203402.jpg
カテゴリーに工夫をするとかすれば、組織や会のホームページでも十分に使えると思います。本家サイトと連動し更新ページとして使っていくといいでしょう。
その日は県下の士業交流会でして、前にも書きましたが先生方に名刺を配って勧めましたが、本当にこのツールは早くはじめるが一番だと思います。使い方や活用のしかたはまず体験して実際に発信しなければわからないでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はりまや橋で会いましょう!ブログサロンは今日も人気です。

2月6日のはりまや橋商店街の風景です。今日も熱心にブログを勉強されています。熱心にこられています。
そのシステムの簡単さや拡がりにどの方も体感していただくと驚かれます。喜びの表情になりますね。
最近どんどんはじめる方が多くなってきました。翌日の土曜日もお二人さっそくはじめられました。
20040206123855.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新婚時代

20040206200353.jpg

2月6日(金)は労働基準監督署でお世話になっている新婚間もない監督官のお祝いの席にいってまいりました。
高知に引っ越して間もない日さっそく職場の同僚に夜遅くまで連れ出され、その先例?を受けたそうですが。
どうやら午前様となったようでして、やれやれとったところですが、お二人は今はこうしてその悪い諸先輩と一緒に写真に収まっているのでした。20040206200755.jpg
私もウン十年前の頃が懐かしい・・・。いいなぁ、やっぱし、新婚は。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

解答:【問題3】1回の遅刻で給料の3分の1を減額できるか?と言う話

みなさん、コメントありがとうございました。

みなさん、大正解でした。答えは×ですね。
だいゆー さん、よくご存知ですね。おっしゃるとおりです。
法律や規則での適用もしかりですが、いよたさんのように話し合いのうえに辞めていただくのが私も一番よろしいかと思います。

さて、解説ですが・・・。

A社は就業規則の懲戒規定によって減額するのであれば、労働基準法第91条により①1回の額が平均賃金の1日分の半額を超えないこと②1賃金支払期に発生した数事案に対する減給の合計が総額の10分の1を超えないことの範囲であれば減額可能です。このケースの場合はこの限度を超えているため減額出来ません。

ということなんですね。
では、また次回をお楽しみに。みなさん、どうもありがとうございました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004.02.05

【問題3】1回の遅刻で給料の3分の1を減額できるか?と言う話

忘れたころにやってくる 「労働法○×クイズ」第3回目
#別名、ネタ切れ時の投稿対策シリーズともいう・・・・!? うっうう・・・(^^;片腹いたし

今回は、1回の遅刻で給料の3分の1を減額できるか?と言う話です。

うう、これは実は耳がいたい。。。私も遅刻常習犯だったので・・・。偉そうにいえないのだが

一応、問題を出しときます。遅刻に限らず、社内でペナルティ課す場合の参考にしてください。

★A社に勤務するBさんは遅刻の常習犯で度々上司から注意を受けていた。

しかし、Bさんのずぼらさは直らず上司は再び遅刻した時は就業規則の規程により給与を減額すると言われていた。

そのためしばらくは遅刻していなかったが2ケ月後に再び遅刻してしまった。この場合給与の3分の1を減額できるか。

さてさて、みなさんの解答やいかに?あなたならどっち?

○か×かで、よろしければコメントなどしていただくと嬉しいです。

後日お答えと解説をアップしてみたいと思います。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.02.02

サムライ族はウェブログになじめないのか?

 ここのところバタバタとあわただしく更新できずにいました。これだけの手軽さでありますが、さすがに先週から今週にかけてハードだった。今日まで提出期限のある書類作成などもあってさすがに自分のブログまで手がまわらなかった。でもNPO関係のブログはそれでも更新していたのだが。

 先日、県下の士業を集めての新年交流会があった。不景気な昨今、こうした華美な催しはあまり似つかわしくないと思うが、本会からの要請もあってまあ義理出しという感じで出かけたのだが。
この宴、実はあまり内容が無い。各会から代表の型どおりの挨拶があって、後はたんに飲むだけだ。これで何か結束して事業をやるきっかけでもない。一応、各士業の代表を募り無料相談会をやっているのだが、今日出席している者全員が参加している訳でもない。末端の私などには勿論お呼びも無く、これで交流できるはずもない。
かといって、ただたんに飲むだけではリッチなホテル会場での懇親会費がもったいないので、こうなりゃ、今日は「士業のためのブログ講座予約受付中」と名刺に刷ってこの日だけのバージョンを用意し、会う人ごとに、「超簡単にホームページが作れるんです。しかも無料にちかく、誰にでも出来るんです。」と説明していっぱい配りまわった。

その成果というか印象としては、あんまし士業の先生方はピンとこられていない。
どうぞ、みなさん使ってみてください。と薦めては見たものの、私が信用が無いのだろう。あんまし感触はよくなかった。
今週末のブログ体感セミナーのイベントも案内してはみたが、さてどうだろう。
でも、この現実を見てますますチャンスと思った。これだけ無関心ということは大いにチャンスなのだと考えよう。いや本当にそう思った。

| | コメント (3) | トラックバック (4)

« 2004年1月 | トップページ | 2004年3月 »