« まちづくりファンド中間発表会 | トップページ | ブロッグリンコットのロード・オブ・ザ・リンクの旅はまだまだ続く »

2004.01.24

土佐の高知の郷士の脱藩blogサロンはいつでもどこでも始まっていくのです。

 今日はNPO高知市まちづくりファンドの中間発表会、その合間に高知障害者雇用支援ネットワークのNPO法人ワークスみらい高知の事務局長の方にblogの普及活動をまたもや特派員のけんちゃんがしています。

fand0124.jpg

聞くところによるとこのNPO法人は障害者の方の自立就労の場として高知市の県庁前に実験的カフェを運営なされているとのこと。この店で常時接続環境を整え、無線LANができるルーターを一つ置くことによって誰もが簡単にその場でメッセージをホームページで発信できる喫茶店として特徴づけれればいっそうカフェの魅力、独自性は高まるのではないかと思いました。
我々のNPOも是非そうした支援活動が出来ればと願い、いろいろ話しをする中でさっそく2月14日バレンタインの日に障害者の方々にblogなどこうしたツールの活用方法のセミナーを実施することが決まりました。何はともわれ今日の中間報告会の成果は上がったと思います。ますますこれからが楽しみになりました。

|

« まちづくりファンド中間発表会 | トップページ | ブロッグリンコットのロード・オブ・ザ・リンクの旅はまだまだ続く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/918/130835

この記事へのトラックバック一覧です: 土佐の高知の郷士の脱藩blogサロンはいつでもどこでも始まっていくのです。:

« まちづくりファンド中間発表会 | トップページ | ブロッグリンコットのロード・オブ・ザ・リンクの旅はまだまだ続く »