« 対話を忘れた日本人 | トップページ | 空海が修行をした室戸の海です。 »

2004.01.14

パソコン教室に客がいない理由 から

2年ほど前のIT講習会真っ盛りの頃には結構仕事があったそうだが、補助金が無くなった今、インストラクターをしていた知り合いも、この頃ガクンと仕事が減ったそうだ。
ITという先進的なイメージの割には、パターンは従来から同じ、どこもサルマネ的なコトをやっており、マンネリな感はやはり否めない。
その講座のレベルはというと、常に「初級編」講座ばかしで、少し慣れた人がさらにとのレベルアップをはかるには、少々物足りないのだ。それは最大公約数的に内容を設定するきらいがあるのが原因。少数派でも一定の需要はある。

Webビジネスコンサルタントのネタ帳: Discussion on パソコン教室に客がいない理由


この方がコラムでおっしゃっているいるように、確かにやりかたに個性が無いのですね。工夫もない。企画からあまり考えていない。仕事で関わっている人なら役立つEXCEL,WORDも老後の余暇を楽しむ高齢者のかたにはあんまり使うことはないでしょう。せっかく習った技術も使わなければ、忘れてしまうことは、この場合に限ったことではなくて他でもそう。おじいちゃん、おばあちゃんであれば孫の写真を加工編集したりする技術を習い、メッセージカードやビデオ編集なども楽しいと思う。もっと見方を変えればその人の習いたい潜在的欲求は、出てきそうだ。

インターネットやパソコンはあくまでも手段にすぎず目的ではない。
では各の目的は何か? このパソコンで何をするのか?ブログで何をする?最終的に何をねらうのか、それは仲間を見つけることか、では見つけた仲間でどういうコトや活動をするのか、それは最終的に何を目指していくのか、という視点で考える必要があるのだろう。

新堀川知行合一塾: 読み書きパソコンができないのは教え方が悪い!?


西岡さんの意見や格言集とも相通ずるところはあるのではないでしょうか。
企画力も無く、本当に教え方がこれでいいの?講習内容で必要以外の機能などを余計に教えすぎているのではないの?といったことを、常々西岡さんはおっしゃっています。

「Webビジネスコンサルタントのネタ帳」の方も、業者はもっと具体的なテーマで企画し、受講者に習う目的をもっとわかりやすく明示せよとおっしゃっている。
確かにそのとおり。掘り下げれば確かにニーズはもっとありそうだ。
確かに業界全体が以前から「これは、こうしたもの。」という暗黙の前提、錯覚がありすぎるのだろう。

|

« 対話を忘れた日本人 | トップページ | 空海が修行をした室戸の海です。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/918/99734

この記事へのトラックバック一覧です: パソコン教室に客がいない理由 から:

» 家で過ごす時間 [北米式ツーバイフォー輸入住宅]
余暇を家で過ごす人の割合がここ数年で上昇していること、ご存知でしたか? 仕事時間の減少、便利な家電設備による家事時間の短縮など様々な要因が重なり“家”でくつろぐ... [続きを読む]

受信: 2004.01.15 15:13

» 『パソコンを教える』ということ [Azisai.net]
Webビジネスコンサルタントのネタ帳→パソコン教室に客がいない理由 by watanabeさん 『パソコン教室をやる側も「パソコン教室=ワードとエクセルの基本」... [続きを読む]

受信: 2004.01.17 23:04

« 対話を忘れた日本人 | トップページ | 空海が修行をした室戸の海です。 »